FC2ブログ

横浜山手西洋館 世界のクリスマス2018(3)

今日はエリスマン邸を♪
スイス生まれの貿易商 フリッツ・エリスマン氏の邸宅で
大正14年から15年にかけて山手町127番地に建てられたものを
移築したそうです。
最初からベーリックホールの近くに建っていたのではなく
建築年もエリスマン邸のほうが古いんですね。

坂道を登ってきたとき
入口に人がたくさん並んでいたので
先にベーリックホールに行ったのですが
並んでいたのは見学ではなく
エリスマン邸の中にある「しょうゆ・きゃふぇ」という喫茶店の
生プリンを食べたい人たちでした。
とても混んでいたからパスしたけど
プリンの上に極上の卵黄が鎮座しているという
素晴らしく美味しいプリンらしいです。
今度行ったら絶対食べる~(≧m≦)
IMG_3779.jpg

さて、エリスマン邸のクリスマスは
   「モナコ公国」
IMG_3781.jpg

モナコはカトリックの国で
クリスマスは外に出かけるんじゃなくて
家族でディナーをするようです。
パンにも十字架の形に木の実が埋め込まれていました。
お料理は入ってないけど
この食器を見ただけで豪華そうだわぁ。
IMG_3782.jpg

そしてこの食堂兼居間には
なんと楽譜入れの家具がありました。
こんなの初めてみたよ。
IMG_3783.jpg

応接室の暖炉わきにあるのがピアノかな。
楽譜入れと同じ色調でアンティークなデザイン。
テーブルの上のツリー型の飾りも素敵♡
IMG_3785.jpg

窓際にはキラキラのツリーと
IMG_3784.jpg

とっても可愛いキャンドルホルダー。
実用じゃないけど可愛いから許す(笑)
IMG_3788.jpg

北側の食堂と西側の応接室をつなぐサンルーム。
サンルームは 
コロニアル系の異人館特有の開放的なベランダが
内部化されたとみることもできるそうです。
IMG_3787.jpg

赤やピンクを使った部屋の飾りとは違って
サンルームにはエアプランツやグリーンネックレスのような多肉、
そして輪切りのドライフルーツが使われていました。
庭と一体化するサンルームには自然のものを
という飾り方も素敵ですね。
IMG_3787-1.jpg


次回は山手234番館に行きますね~

横浜山手西洋館 世界のマリスマス2018(2)

今日はベーリック・ホールの二階にあるお部屋を
ご紹介します。

でもね~
見学の方がとても多くて
どの部屋も全体を撮ることが出来なかったの。
部分的にしかお見せできなくてごめんなさいm(_ _)m
一階も
配膳室やキッチンは
イベントの関係で立ち入り禁止になってたし
白黒のチェック模様が印象的な一階ホールや
パームルームは人が途切れなくて・・・
今度は違う季節に行ってみたいです。



二階への階段を上がってすぐのお部屋は
客用寝室です。
真ん中にソファーとテーブルのセットがありました。
壁には美しいフレームの鏡、
そしてこの建物の二階部分に4つある印象的な小窓。
クワットレフォイルという様式だそうです。

よくイスラム風のとか
四葉模様の窓と表現されていますが
カトリック山手教会にもこの窓があったことから
私はこれ、八芒星(ベツレヘムの星)の
モチーフじゃないかと思います。
吉祥を告げ知らせる星ですね☆ヽ(▽⌒*)。
IMG_3764.jpg



客用寝室の大きな窓。
昨今の断熱窓に比べると
華奢で取り扱いが大変そうだけど素敵ですね~
IMG_3765.jpg

特にこの大きなハンドルがついた鍵と
青い窓枠が好き。
この客用寝室はブルー系でまとめられていて
IMG_37651.jpg

客用寝室付きのバスルームもブルーのタイルでした。
このお屋敷、二階にバスルームが3つもあるんですよ。
IMG_3766.jpg





ここが二階の真ん中にある広い主人寝室。
ですが貿易商だったベーリック氏の書斎として
表現してあるそうです。

写真はないけど この部屋の隣に
ご夫妻用のバスルームがあって
IMG_3772.jpg

その向こうにある婦人寝室。
ドレッサーの形も優雅ねぇ (ノ´∀`*)
IMG_3768.jpg

ベッドサイドにこんな窓があったら
ロマンティックな夢が見られそうじゃない?
IMG_3769.jpg

婦人寝室にはサンポーチという角部屋があって
お日様いっぱいで明るいの♪
右側は庭が見えるんだけど
左側が海方向だから
昔は港まで見渡せたんじゃないかしらね~
ミセス ベーリックが羨ましすぎるっ(←比べる方が間違い)
IMG_3770.jpg





サンポーチと反対側の角にある令息寝室。
実はこのお屋敷が建てられた時
ご子息はすでに青年だったそうですが
山手西洋館では唯一
子息用の部屋として設計されたことから
時代、風俗に気を配りつつ
小さな男の子の部屋という設定にしてあるそうです。

ここね~
子供連れの見学者さんたちの
お子様 写真撮影場所みたいになっちゃってて
なかなか写真が撮れなかったよ(^-^;)
IMG_3774.jpg

子息バスルーム側の壁際にある
チェストの上にもクリスマスの飾りが🎄
ローソクに火を灯すと
 上のプロペラがまわる仕掛けなんでしょうね。
男の子を意識した楽しい飾りです。
IMG_3775.jpg


長々とお付き合いありがとうございました(*^-^*)
次回はエリスマン邸です♪

横浜山手西洋館 世界のクリスマス2018(1)

横浜の西洋館で12月1日~25日まで
八つの館でそれぞれ違う国の
クリスマスの飾りつけが見られるとのことで
初めて行ってきました。
八つ全部は回れなかったので
五つの館なんですけどね💦
一つ目はドイツのクリスマス、ベーリック・ホールです。

イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として
J.H.モーガンの設計により昭和5年に建てられました。
スパニッシュスタイルを基調とした
戦前の山手外国人住宅としては最大規模を誇る建物だそうです。
庭も広くてきれいでした。
IMG_3757.jpg

玄関わきにあるライオンの壁泉。
こういうの好き~♪
人が多かったので写してないけど
パームルームと呼ばれるサンルームにも
この壁泉がありました。
人が住んでいた頃には
ヤシの木を置いたサンルームに
流れる水音がしていたのでしょうね、優雅だわ。
IMG_3758.jpg

入口の飾り。
IMG_3759-1.jpg

モミやトウヒなどの常緑樹のほかに
地面に根を張っていないのに
一年中 青々としているヤドリギも
生命力の象徴としてクリスマスにはよく飾られますね。
IMG_3759.jpg

逆光で暗くなってしまったけど
ダイニングルームです。
IMG_3761.jpg

センターにお花のライン。
銀葉のプンゲンス・トウヒが使われてない?
とてもきれいなんだけど苗木でもお高いんですよね~
IMG_3763.jpg

サイドボード上にはキャンドルの飾り。
IMG_3762.jpg

広いリビングルーム。
天井や照明器具も本当にステキ!
IMG_3776.jpg

リビングルームの一角には
トナカイさんの引くソリがありましたよ、
平日限定で
このソリに座って写真を撮ってもOKなんだって。
IMG_3777.jpg

暖炉の前にはさりげなく
くるみ割り人形と その絵本が(^m^)フフフッ
年末にベートーベンの第九っていうのと同じくらい
くるみ割りといったらバレエでもクリスマス公演ですものね~
IMG_3778.jpg


次回はベーリック・ホールの二階を
紹介させてくださいね。

プロフィール

園長

Author:園長
秩父に嫁いで30数年。。。
上武自然公園の中に
家族7人、猫4匹で住んでます。
どうぞよろしく♪

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

楽天お勧め

フリーエリア

カウンター

震災からの復興を願って

被災地に一日も早く笑顔が戻りますように!

20110319210226b10震災

ページランキング

役立たzoo園内人気記事

ブログパーツ

相互リンク新着情報

リンクしていただける方は コメント欄でお知らせくださいね。 相互リンクで 新着情報が出るようにさせていただきまーす♪

お勧めのブログです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

お知らせ

setagayaneko.gif

ご協力をお願いします

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

検索フォーム

フリーエリア

Copyright © 園長