仙台旅行 松島2

仙台旅行の松島編パート2!
まったくいつまで飛び飛びに続いているのかと思っている皆様。
これが最後だから付き合って下せぇm(_ _)m

松島で心残りなのは瑞巌寺などの歴史遺産を周れなかったこと。
特に愛姫の霊廟が特別公開されていたのに 行かれなかったのは
一生の不覚!

そして 一番びっくりしたのは
「ベルギーオルゲーミュージアム」
松島とベルギーはいったいどんな関係があるのか?
未だに謎ですが ここは私的に チョーお勧め。
こんなところで ヨーロッパの文化に触れることが出来るなんて
思わなかったよ大賞
を差し上げたいくらいの衝撃でした。

ここは私が泊まった松島センチュリーホテルの真裏あたり(^o^;)

1992年(なんと娘が生まれた年なのよ~)に
ベルギーの王立博物館からたくさんのオルゴールを譲り受け
 設計図や説明書など残されたものは全くない中
ベルギーまで行って修理を学び 演奏できるようにしたという
すばらしいオルゴールの数々が2階のステージで演奏されています。
オルゴールっていっても 私たちが考えるものじゃなくて
パイプオルガンを彷彿とさせるような巨大なオルガンなの。
空気だけで ドラムからラッパ類まで鳴らせるやつもあるんですよ。
もう言葉が出ないくらいびっくりの音量と音色!!

サムネイルで載せるので クリックして大きな画像でみてくださいね。

下の3台は1階に展示されていたもの。
穴をあけた紙や鉄板を読みこんで音を出す仕組みが良く分かります。
DSCN0683.jpg  DSCN0682.jpg   
DSCN0684.jpg


2階は演奏できるもの。
ヨーロッパの石畳で演奏されたであろうストリートオルガンや
巨大なダンス用のオルガンなど 目の前で見ると圧倒されるよ。
奏者の方が説明しながら演奏してくれるの。
時間があったら全部聞きたかったぁ~~(ToT)
DSCN0681.jpg   DSCN0680.jpg   
DSCN0679.jpg


入館料は800円かかりますが これは圧巻です。
一階にはカフェレストランがあってランチやワッフルが食べられるし
ベルギーチョコレートやお土産のオルゴールも売ってます。
ヨーロッパの風に吹かれてみたい方は是非お立ち寄りくださいね。

それから その道路むこうには
「みちのく 伊達政宗歴史館」
ここはね、宮城の偉人達や伊達政宗の一生を紹介する蝋人形があります。
私は入場時間ぎりぎりの4時半に入ったので長居出来なかったんだけど
波乱万丈だった政宗の一生が良くわかったよ。

想い出ノートがおいてあって入場者が好きなことを書くのですが
バサラファンが絵をかいていたりして 面白いです。

そしてその真向かいにあるのが「伊達かふぇ」
ここも入りたかったんだけどねぇ・・・(遠い目)
伊達軍の旗がついているパフェがあるんだってよ。
DSCN0686.jpg

それでは、最後に政宗様に〆ていただきましょう。
「俺が心血注いだこの地を その目で確かめてくれ」
05732322.jpg

イラストby うちの娘
 

仙台旅行 松島その1

なんか旅行の記事がとびとびになってしまって
 スミマセンm(_ _)m
今日は写真が多いのでサムネイルで載せますね。
良く見たいのがあったらクリックして大きくしてくださいな(o^∀^o)

仙台の市内を観光してから
仙石線の普通電車で40分 松島に到着~~
お泊まりは「松島センチュリーホテル」

松島センチュリー全景
DSCN0676.jpg

いいホテルだったよ! 松山に行くならココお勧めしちゃう。
あのね、飛びぬけて部屋が広いとか設備がいいとかじゃないんだけど
ホテルの人の対応が暖かいのと食事の形式が良かった♪
目の前が海でロケーションも抜群だったし(V)o¥o(V)

スリッパもね、夏だからか畳地のものを使っていて
素足ではいてもサラサラ。
お風呂には十二支のマークがついた洗濯バサミがあって
自分のスリッパを留めておけるようになっているの。
そういう小さな心遣いって嬉しいよね。

まずはホテルの部屋から見た風景の写真でーす。
DSCN0672.jpg     DSCN0674.jpg

これはホテルの目の前にある福浦島
この赤い橋を歩いて渡れるよ。
私は時間がなくて周れなかったけど遊歩道もあります。
DSCN0675.jpg     DSCN0673.jpg

旅のお供は あんずさんハンドメイドのバッグと長財布。
リネンは軽くて丈夫なので 旅行にもいいなぁと再確認(^o^)
     DSCN0678.jpg

それから 旅のお楽しみ お食事なんだけど
このホテルは 季節の膳が各自のテーブルにセットされています。
     こんな感じ。
     moblog_5a4395c6.jpg

でね、後はバイキング形式で握り寿司や一品料理、サラダを
好きなだけ持ってくる。
素材はなるべく地産地消をめざしているんだって。
デザートのケーキ類はプチサイズなので 何種類か楽しめるから
女性心理をついてますなぁ~

そして、そしてっ 特筆すべきはオープンキッチン~~ \(◎o◎)/!
天ぷらと牛タン焼き、そして宮城県産牛のステーキは
テーブルにおいてある札をオープンキッチンに持って行くと
出来たてアツアツをテーブルに運んできてくれます。

天ぷらは並んでいる素材を自分で選んで頼むスタイル。
これは 仙台名物 牛タン焼き
     moblog_ddcc8c6f.jpg

写真は撮り忘れたけどステーキも柔らかくて美味しかった♪
札は料理と一緒に帰してくれるから
何度でも好きなだけ頼めるよ。
旅行サイトのクチコミでも評判高し!

宿泊客がたくさんいる割には ホテルの中が静かだったし
みちのく伊達政宗歴史館や
ベルギーオルゲールミュージアムも目と鼻の先だから
もっとゆっくり滞在したかったなぁと思うホテルでした。

仙台城跡と青葉城資料展示館

DSCN0671.jpg
仙台城跡に建つ伊達政宗騎馬像。
仙台城は戦争時に消失してしまい残念ですが
この跡地にある青葉城資料展示館では
ありし日の仙台城をCGで見ることができます。

このCGがすっごく良く出来ていて
近畿地方から工芸の専門家を招聘して作らせたという
豪華な仙台城の内部まで再現しているんです。
CG学会で優秀賞をとったというだけあって素晴らしかったですよ~
ここもお勧め!
でもね、政宗公と片倉小十郎のナレーションで
紹介するCGなんだけど 小十郎の声が波平さんだった(笑)

仙台市内では あと仙台市博物館も見学したんだけど
駆け足だったので あまり記憶にないなぁ(^o^;)>
特別展で「黄金の都 シカン展」をやっていて
これも観る時間がなかった(ToT)

市内は「るーぷる仙台」っていう観光用の循環バスが
平日は20分おき、休日は15分間隔で出ているので
とっても便利でした。
一回乗り降りすると250円なので
一日券600円を買ったほうがお得だと思います。
運転手さんが 名所の説明もしてくれるんですよ♪

仙台 伊達政宗が眠る瑞鳳殿

生まれて初めて東北地方へ行ってきました~
仙台と松島を1泊2日で。

でも思ったより見ごたえがあって時間が足りず
特別公開されている政宗の正室 愛姫の廟所
「陽徳院」が見られなかったのが残念(ToT)

旅先の紹介も長くなりそうなので
何日かに分けますね。
今日は 政宗の廟所「瑞鳳殿」
ここは ぜーったいにお勧めです。

さすがは奥州の独眼竜!と唸ること必至。
見てくださいな、この桃山様式の壮麗な建築。

サムネイルの写真をクリックして
ぜひ大きな画像で見てね~
DSCN0667-1.jpg

この建物の下に政宗公が眠っています。
建物の両側には10基ずつの石塔が・・・
殉死した20名の家臣が 今もなお主君を守っているのですね。


瑞鳳殿に至る「涅槃門」
門でさえ このきらびやかさよ~
この16枚花弁の菊紋も伊達家の家紋のひとつで
豊臣秀吉から拝領したとか。
DSCN0664.jpg


手水舎にも伊達家の家紋。
左から九曜紋、竹に雀、三引両。
伊達家はこのほかにも家紋をいくつも持っていたみたいです。
DSCN0665.jpg


これは同じ経ヶ峯にある2代藩主 忠宗の廟所「感仙殿」
DSCN0669.jpg


こちらは3代藩主 綱宗の「善応殿」
DSCN0668.jpg


4代めからは こういう廟所は作られず
今のような石塔の形になったみたい。
この建築様式で十数代まで とか言われたら
藩政傾きそうだもんね(^o^;)>

ともあれ 政宗のスケールの大きさをしのばせる瑞鳳殿でした。





プロフィール

園長

Author:園長
秩父に嫁いで20数年。。。
上武自然公園の中に
家族7人、猫4匹で住んでます。
どうぞよろしく♪

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

楽天お勧め

フリーエリア

カウンター

震災からの復興を願って

被災地に一日も早く笑顔が戻りますように!

20110319210226b10震災

ページランキング

役立たzoo園内人気記事

ブログパーツ

相互リンク新着情報

リンクしていただける方は コメント欄でお知らせくださいね。 相互リンクで 新着情報が出るようにさせていただきまーす♪

お勧めのブログです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

お知らせ

setagayaneko.gif

ご協力をお願いします

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

検索フォーム

フリーエリア

Copyright © 園長