えひめAIを作ったよ2015

訂正

 すみません、ドライイースト20gと書いてましたが
 40gの間違いでした。
 本文中も40gに訂正しました。

 私も今回20gで造ってしまったけど
 泡が大人しいかなと思ったくらいで
 他はあまり変わったところもなく出来ていたので 
 今日 分量表をみるまで気がつきませんでした。
 ほんとドジで申し訳ないですm(_ _)m 

 酵母菌はエサの砂糖があれば増えるので
 問題はないと思いますが 最初の発泡が少ないです。
 造ってくださった方、ごめんなさいね。
 
 

今年も暑さ真っ盛りの季節がやってきましたね~
この時期 人間にとっては熱中症が怖いけど
「えひめAI」を作るには絶好なので
まずは油汚れの分解や土壌に使う
黒砂糖を使った納豆菌が多いタイプをつくりました。

えひめAIって何か? と、いいますと
酵母菌と乳酸菌と納豆菌の働きで
汚れを落としたり消臭したり
畑で作物の成長を助けたりするお役立ち菌液なのです。
私は台所のレンジ台拭きや排水管の油分解、
トイレの尿石落とし、土壌改良等々
幅広く テキトーに使っております。

えひめAIに入っている3種類の菌の働きについては
↓以前に書いたこの記事をみてね。
納豆菌、乳酸菌、酵母菌について


今回は10ℓ分いっぺんに造るので
砂糖500g(黒砂糖300g+白砂糖200g)
ヨーグルト1パック450g(ほんとは500g欲しいところ)
ドライイースト40g
引き割り納豆半パック
あとはお風呂くらいの温度のお湯ね。
IMG_0248.jpg

まずは粉ものを混ぜたほうがよく混ざるので
砂糖にイーストを加えて混ぜる。
IMG_0249_2015072517071535e.jpg

その次 ヨーグルトをどーんと入れて
ひきわり納豆半パックも投入して混ぜる。
IMG_0250_201507251707160a2.jpg

1ℓのペットボトル1本につき100gほどずつ入れて
800mlほどのお湯を注ぎながらシェイクしておく。
発酵するのでいっぱいまでお湯をいれてしまうと
吹き出しちゃうので注意(・ω・。)
IMG_0251.jpg

日なたに出すと
すぐにプクプク泡が出はじめる。
ので フタはゆるめにしておいてね。
IMG_0252.jpg

しばらくするとこんなに泡が上がってくるよ。
見てると面白いけど日なたは暑いのでほどほどに・・
IMG_0255.jpg

「そうでしゅ、日陰で見張るでしゅよ」
 by ハル専務。
IMG_0254_201507251707440b2.jpg


よしよし酵母菌 よく働いてるな(*´∀`*)

夜は家の中などに入れて
また日中 外に出すのを1週間くらい繰り返すと
出来上がり♪
下に溜まるオリは栄養豊富だけど腐りやすいので
早めに畑などに入れて
上の液体部分をボトルなどで保管します。
IMG_0256.jpg



移動するのに こういう花苗ポット入れを使うと
とっても便利よ。
ホームセンターで花苗買うとき
ご自由にお使いくださいって置いてあったりするやつ。
IMG_0258_201507251707494de.jpg


うちは自動販売機があって
ペットボトルが大量に出るので
洗って乾かすのにも重宝してます。
IMG_0257_20150725170748a1d.jpg
外の水道の流し台にブラ鉢一つ置いて
その上に乗せて
次々に水を入れて逆さにしておくと
一本ずつ水が抜けるまで持ってなくて済むので
時間短縮になるのよね。
終わったらガラガラッて振ると水滴も取れるし
乾かしてる時 倒れないし
たくさんのペットボトルを洗う時には
けっこう役に立ちますよ~


納豆菌、乳酸菌、酵母菌について

今日は えひめAI世界の住人
納豆菌、乳酸菌、酵母菌について
ちょこっと書いてみますね。

といっても
みんな有名菌だから知らない人は
いないと思うけど(^-^;)>

住人その1 納豆菌
  酸素とアルカリ性の環境を好む分解屋さん。
  好きな温度は45~70度の高温、
  100度で熱しても死なない。
  紫外線にも強く真空状態でも生き残るという
  菌世界のクマムシ的存在。

  納豆菌が出す酵素は多種多様で
  血栓を溶かすナットウキナーゼ、
  タンパク質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、
  でんぷんをブドウ糖に分解するアミラーゼ、
  中性脂肪をグリセリンと脂肪酸にするリパーゼ、
  繊維質を糖質に分解するセルラーゼ、
  アルコールを代謝するカタラーゼ   等々、
  まさに分解のエキスパート。



住人その2 乳酸菌
  乳酸などの有機酸を出して強い酸性状態を作り
  雑菌の繁殖を防ぐ。
  各種ビタミンも合成する。
  人間や動物の体の中に住み込みで
  掃除や栄養補給をしてくれるメイドさん的存在。
  好きな温度は30~45度の中温。

  


住人その3 酵母菌
  糖分をエサにして
  環境に酸素が多いときはアミノ酸を合成し
  酸素が少ないときはアルコールと炭酸ガスをつくる。
  死骸になってもアミノ酸、ホルモン、核酸、ビタミンの
  宝庫として他の生命の役に立つというありがたい菌。
  活動している時は常に糖分を必要とするところが
  ナニゲに銀魂の銀ちゃんに似ている。



と、えひめAIの中には主にこの3つの菌たちがいます。

人間の感覚だと
「ああ、3種類の菌が生き残りをかけてバトルするんだな」
などと思ってしまいがちですが
どうも菌類は人類より歴史が長い分
共存共栄する知恵を持っているようです。


えひめAIの中だけでも
糖分が多すぎると酵母菌がアルコールをたくさん作って
乳酸菌が死んでしまいますが
納豆菌の出すカタラーゼは
ある程度 アルコールの分解ができます。

そして納豆菌が調子に乗りすぎると
ヨーグルトのタンパク質をアミノ酸にするだけじゃなく
それをアンモニアに分解してしまいますが
乳酸菌の作り出す乳酸は
アルカリ性のアンモニアを中和します。
これが崩れてしまうのは
酸素が好きな納豆菌が優位になりすぎる時なので
えひめAIは かき回さずに置いておくのがいいようです。

その納豆菌は自然界の中で 
でんぷんや繊維質を糖に分解して
酵母菌が食べられるようにしてるんですよね。


菌類の相互作用は よくわかってないことのほうが
多いみたいですけど
少なくても人間みたいに
今 自分たちの種類が優勢になれる環境だからといって
他の種類を殲滅しようなんてことはしないみたい、
つぎに環境の変化が起きたとき
休眠したり 少数派になっている種族が大きな働きをして
自分たちも助かることを知っているようです。

これを知恵と言わずして何と言おう、
ちょっと見習ってみようか、人類(笑)


次は えひめAIの使い方について書いてみようと思います。 
  
  

暑さを利用して「えひめAI」を作ろう

暑いですね~
あんまり暑いと嫌になるけど
いいこともちょっとあります。
麦みその「おなめ」や菌の発酵液「えひめAI」を
作る適期なの、
今の時期ならお日様におまかせで
保温のための電力がいらなーい♪のよ。

そこで今日は「えひめAI」を作ります(^o^)/
えひめAIって何?という質問にお答えすると
納豆菌、乳酸菌、酵母菌を培養して
その菌たちの作り出す酵素やアミノ酸で
キッチン、バス、トイレ等に使える
安心お掃除洗剤になったり
畑の土を健康にして作物の病気を抑制する
肥料、農薬がわりになったりするものです。


材料は砂糖、ドライイースト、ヨーグルト、納豆、
それに水があればOK!
IMG_0575.jpg

分量は500mlのペットボトル1本分で
砂糖25g、イースト菌2g、ヨーグルト25g、
それにひき割り納豆を ほんのひとかけ。
私は500mlペット2本を一緒に作るので
写真はその2倍になってます。

まず砂糖(これは白砂糖)50gとイースト4gを計る。
IMG_0576.jpg

それを混ぜます。
IMG_0577.jpg

ヨーグルト50gを加えてまた混ぜて、
IMG_0578.jpg

少し水を加えてゆるめにしたものを
じょうごでペットボトル2本に
同じくらいに流し込みます。
そして納豆をひとかけずつ入れます。
いっぱい作る人は材料を全部ミキサーに
かけちゃうみたい。
IMG_0579.jpg

ボトルの肩くらいまで水か
ぬるま湯を入れて日向に出します。
キャップはゆるめにしておいてね。
IMG_0581.jpg

そうすると 酵母菌がブクブク活動をはじめて
IMG_0582.jpg

ボトルの上のほうまで泡が出てくるよ。
酵母菌パワーってすごいね。
IMG_0583.jpg

こちらは黒砂糖で作ったもの。
畑に使うので納豆を多めに入れて
有機質の分解パワーを強化。
IMG_0584.jpg

ついでに三温糖でも作りました。
みんな昼間は日なたに出して夜は家の中に、
1週間くらいで出来上がるので
下に沈んだオリは肥料として畑に撒きます。
オリはアミノ酸の宝庫なんだって、
でも腐りやすいから取っておくときは要冷蔵。
透明の液体部分は室温でも大丈夫です。
IMG_0585.jpg

くつろぎながら作業を監督しているミニー専務。
よしっ ミニーちゃん。
今日はそのまま 腹筋やってみよう!
めざせ美ネコ(笑)
IMG_0586.jpg

今 えひめAIの過去記事を確認して
気が付いたんだけど
私は毎回 作り方と分量は書いてるけど
酵母菌や乳酸菌、納豆菌の詳しい説明とか
本に出ている使用例をまったく書いてない(汗)

今年は乳酸菌さんのご紹介~とか
酵母菌さんってどんなお方?とか
書いてみようかな(=^_^=;)

発酵日和でえひめAI

暑いですね~

せっかくだから 
この天然の暑さを利用して
おなめでも作ろうと思っておなめ麹を買いに行ったら
生産が間に合わないそうで予約制になってました。
みんな 考えることは一緒なのねぇ(^o^;)

(ちなみに「おなめ」っていうのは
秩父地方で作られる麦みそのことで
甘くない金山寺味噌みたいなやつです。
夏ならナスやショウガ、冬にはネギを刻んで混ぜるだけで
おかずになっちゃうヘルシー、ベンリーな調味料だよ)

なので それはまた後にして・・・

えひめAIを作ることにしました。

えひめAIは酵母菌と乳酸菌と納豆菌の働きで
汚れを落としたり消臭したり
畑で作物の成長を助けたりするお役立ち菌液なのです。
私は台所のレンジ台拭きや トイレの尿石落とし、
作業着の漬け置き洗いから畑まで
幅広く テキトーに使っております(笑)

何がいいって 作り方がテキトーでも まず失敗しないし
使い方がテキトーでも害がないってとこね(^▽^)アハハッ


今回は1ℓのペットボトルなので
材料は 砂糖50g, ヨーグルト50g, ドライイースト4g,
そして納豆1粒に 水か出来ればぬるま湯900ml。
それを全部ペットボトルに入れてシャカシャカ振ると
こんな感じ。
DSCN1760.jpg

後はキャップをゆるめに閉めて日向においておけば
DSCN1763.jpg


酵母菌がブクブク発酵して
泡が出てきます。
DSCN1762.jpg


夜は涼しくなるので家の中に入れて
朝 また外に出しておけば一週間くらいで出来上がり。

下に溜まったオリはアミノ酸たっぷりだけど
腐りやすいので 早めに畑に入れて
上澄みの水溶液を別のペットボトルに入れて保存します。
この水溶液には菌と菌が作り出した酵素、
アミラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼなんかが出来てるらしい。
これを夏の間に何本も作っておいて一年中使えるようにするの。
発酵には高い温度が必要なので この暑さはもってこいなんだよね。

暑い時期には 暑さを利用して発酵ものを作り
寒い時期には 寒さを利用して寒干しの保存食品を作る。
そんな暮らしが出来ることが幸せってやつなのかもね(*^。^*)
と つくづく思う今日この頃です。

えひめAI はトマトのすす病にもいいよ

昨日もだいぶ暑かったのでえひめAIを作ってみました。
冬は加温が必要だけど 夏はひなたに放っておけば出来そうだから
この暑さを利用しない手はない(^o^)/

DSCN1375.jpg

私が500mlのペットボトル一本に使うのは
砂糖25g ヨーグルト25g イースト菌2g ひきわり納豆少々 です。
材料をぜんぶ混ぜて ぬるま湯で溶き伸ばし
ロートなどでボトルに入れたら7~8分目までぬるま湯を注ぎます。
水でもいいんだけど 暖かいほうが発酵が早いからね。
適温は35度で1週間、でも割とテキトーでも微生物は強いから平気。
たまごっちより ぜんぜん手がかからないよ(笑)

DSCN1376.jpg
これは畑に使うので砂糖は栄養のある黒砂糖、
有機物の分解力が強い納豆は多め(*^。^*)
消臭やお風呂に使うなら ひき割り納豆ひと欠片くらいでいいみたい。
シミ抜きなら白砂糖にしないと
かえって色がついちゃいますのでご注意を。


少し前 トマトに すす病みたいなのが出て
それはアブラムシやオンシツコナジラミの分泌液に
カビ菌がついてかかる病気だから
えひめAIを400倍くらいに薄めて何度か葉面散布したら
(500mlボトル一本分の水にキャップ1杯で約100倍)
葉っぱのべたべたしたのがなくなって広がらなくなったの。
アブラムシが死ぬわけじゃないけど
ハナアブの幼虫やテントウムシさんたちも殺さなくて済むから
私はこれで十分♪

病気じゃない時も1000倍とかにして散布すると
植物が丈夫に育つみたいです。
もちろん 普通の水やりに加えてもいいし
未熟な有機質もどんどん分解して吸収しやすくしてくれるらしいよ。
いいお仕事するねぇ、酵母菌と乳酸菌と納豆菌♡

下に沈むオリを別にしておけば
透明な液は1年くらい常温で持つそうなので
夏の間に作りおきしておこうっと(*^_^*)
あ、オリはアミノ酸の宝庫なので それ自体が肥料に使えます。
捨てるところがないっていうのも エコだよね~





人気ブログランキングへ




えひめAI出来あがりました

仕込みから一週間、
えひめAIが出来あがりました。
真ん中のが透明なのは白砂糖を使ったため。
汚れ落としには色がついちゃ困るからねぇ(^o^;)
DSCN1211.jpg

ほのかに酒粕っぽい匂いなのは酵母菌の働きかな。
出来あがりのPHは3.5くらいの弱酸性とのことですが
計測器を持っていない場合は 
舐めてみて酸っぱければいいとのこと。
乳酸菌が働いているかどうかを見るんだね。
舐めてみたら ちょっと酸っぱかったので良しとしました。

今回は家の中で使うのがメインなので
納豆は引き割り納豆のちっちゃいカケラ1~2コだけ入れました。
納豆菌が多いとたんぱく質を分解しすぎて
へんな匂いになってくるので要注意なんだそうです。
普通のなっとうのネバネバを水で溶かしたものだけでも
いいそうですよ。

反対に畑で使うには 納豆が多いほうが
腐葉土の熟成も早くなるし 植物の病気にも効果が高いみたい。
暖かくなったら 葉面散布用も作ってみよう♪

出来あがった上澄み液はハンドスプレーに入れて
1本は原液でトイレに。
(尿石を落ちやすくする効果もあるんだって)
そして透明なものは1.5倍に薄めて汚れ落とし用に。
(普段使うときは10倍とか100倍でいいみたいです)
そしてもう1本の色つきは100MLくらいずつお風呂に入れるつもり。
酵素風呂になって肌にもいいし、排水管川もキレイになる~♡


そして底に残ったオリは・・・
これ アミノ酸やビタミンなど栄養の塊り!
酵素も豊富だろうしね。
DSCN1213.jpg

なので 秋に落ち葉と土を混ぜておいたものに
自家精米で出るヌカを入れて
オリに水を足して振り混ぜたものをかけておきます。
いい堆肥が出来そうだわ(*^。^*)
DSCN1218.jpg





*おまけの写真*
こちらはひなたで いい具合に発酵しているミニーさん。
     もふ~ん
DSCN1215.jpg




人気ブログランキングへ



 

えひめAI(あい)を作る

えひめAIって聞いたことありますか?
私もつい最近知ったのですが
田畑でも日常生活でも使えるパワー菌液なんですって。

何にでも使える菌液ではEMというのが有名ですが
この えひめAIがいいな~と思うところは
身近な食材だけで作れるところなんです。

使うのは 砂糖、イースト菌、ヨーグルト、納豆、そして水。
(私は黒砂糖を使ったけど もちろん普通の白砂糖でOKです)
DSCN1154.jpg

納豆菌と乳酸菌、そして酵母菌の作りだす酵素で
消臭や汚れ落とし、土壌改良などマルチに使えるこのえひめAIは
たくさんの人に使ってもらうため、開発者の方があえて特許を取らずに
製法を公開しているってところもいいですよね~
強い洗剤を減らして こういうものを使っていけば
川や海もきれいになるし(*^。^*)

砂糖25g、ドライイースト2g, ヨーグルト25g,
ひきわり納豆のちっちゃなカケラ1~2コを良く混ぜて少し水を入れ
500mlのペットボトルに流し込んで450mlほど水を足す。
作り方はこれだけ。 発酵するので蓋はゆるめに締めるのがいいそうです。
DSCN1155.jpg

ただ35度くらいの温度で1週間ほど発酵させる必要があるので
本当は加温なしで出来る暖かい季節に作るのがいいのですが
私は実験してみたかったのでペット用ヒーターを使用して
箱のなかで加温。

一晩たったのが下の写真。
ボトルの上の方まで茶色になっているのは
酵母菌がブクブク発酵して泡が盛り上がった跡なんですよ~
それが面白くて 何回も覗いてしまった(^◇^;)
DSCN1158.jpg

酵母菌が糖をある程度使ってしまうと
今度は乳酸菌や納豆菌がお仕事をはじめるらしい。

畑や油汚れには納豆をもう少し多めに入れると
バリバリ分解してくれるそうなので
(そのかわりニオイも強めになる)
精米時にでる糠や庭の落ち葉に混ぜて使うように
もう一本 納豆ちょい多めも作って実験中。

出来あがったら しばらく使って効果を確かめて
またご報告しますね(^o^)/



人気ブログランキングへ


プロフィール

園長

Author:園長
秩父に嫁いで20数年。。。
上武自然公園の中に
家族7人、猫4匹で住んでます。
どうぞよろしく♪

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

楽天お勧め

フリーエリア

カウンター

震災からの復興を願って

被災地に一日も早く笑顔が戻りますように!

20110319210226b10震災

ページランキング

役立たzoo園内人気記事

ブログパーツ

相互リンク新着情報

リンクしていただける方は コメント欄でお知らせくださいね。 相互リンクで 新着情報が出るようにさせていただきまーす♪

お勧めのブログです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

お知らせ

setagayaneko.gif

ご協力をお願いします

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

検索フォーム

フリーエリア

Copyright © 園長