山のクルミとカリン

近所の人にもらったクルミを
お姑さんが洗ってくれました。
IMG_0915.jpg

小さくて固いから中身を取り出すのが大変だけど
山のクルミは味が濃いよ。
これをすり鉢ですったものを入れた汁で食べる
くるみそばは とっても美味しいの(*^。^*)
IMG_0916.jpg

でもなんで私が自分で洗わないかというと・・・

これ見て!
核を包んでいるクルミの実はアクがすごく強くて
ほら、水が真っ黒になっているでしょう?
私のように肌が弱いと 
とても素手では扱えないシロモノなのよ、
こんにゃく芋のように痒くはならないと思うけど。

だから私だったら ビニールの網に入れて
川に漬けて きれいになるまで気長に待つ(´-ω-`)
IMG_0917.jpg




クルミ関係では役に立たない私は
水車小屋のちょっと先にあるカリンの木を見に♪

あらっ いっぱい落ちてる。
念のため 持って行ったビニール袋に
いくつか入れて持って帰ろう。
IMG_0919.jpg

今年は柚子でも柿でもカリンでも
実になるものは とても豊作なのです。
だからまだクマが降りてきたっていう話を
今年は聞かないな。
きっとドングリやサルナシ、ヤマナシも
いっぱい成ったのね。
IMG_0920.jpg

カリンは甘くてとてもいい匂い、
実を食べることは出来ないけど
昔から咳止めの妙薬になることで有名、
今年は咳が長引く風邪が流行っているみたいだから
蜂蜜にでも漬けておこうかな。
(うちには、カリン酒はたくさんあるからな~
20年ものの古酒もあるんだよん♪)
IMG_0925.jpg
ミニーさんは食べられないものには興味ナシ(^-^;)

頭皮のマッサージオイルを作ってみたよ

今年の秋は なんだか抜け毛がひどくて
ただでさえ猫っ毛で少ない私はショック~

なので 太白ごま油に 一か月ほど
軽く干したローズマリーを漬けて
頭皮のマッサージ用オイルを作ってみました。
IMG_0751_201311271510370b3.jpg

太白ごま油は煎らない生ごまのオイルなので
色も匂いもついてないの。
だからどんな料理にも使えて便利だよ。

(胡麻油に入っているゴマリグナンは
肝臓で直接働ける抗酸化物質で
しかもイソフラボンと同じように
エストロゲン様の働きをするから 
更年期障害にもお役立ちだそうです)

今回は頭皮に塗るんだから食べないけど(^-^;)

塗っただけでも ごま油は
老廃物を排出して 体をあたため
血液の循環をよくして皮膚に栄養を与えるから
アーユルヴェーダでは
マッサージに使うんだって。
アーユルヴェーダを習ったことはないから
ネットの検索で知ったんだけどね。

ついでに
その時 ごま油を100度近くまで加熱して
抗酸化物質を増やすキュアリングをするって
いう情報を見たので
1か月 漬け込んだ後 ローズマリーごと
温度計りながら加熱してみました。


そしてできたのが  ↓これ。
少しずつ使うように小分けしたもの。
手のひらにすっぽり収まるほどの小さな容器です。

頭皮に付けやすい入れ物ないかなって探して
ホームセンターの工具売り場で見つけた機械の油差し。
油を差すために生まれた形と扱いやすさ、
しかもフタを失くす心配なしよ(笑)
IMG_0820.jpg


使ってみたら ローズマリーの香りがして
なかなか良さそうなので
一週間に一度くらいずつ続けてみようと思います♪

あとね、シャンプーをやめて
体を洗えるような優しいものに替えるといいよって
教えてもらったので実行中。
替えてみたら シャンプーが乾燥肌には
相当きついものだったんだなって実感できました。
年齢によって 使うものを替えるのは大事なのねぇ。
教えてくれて本当にありがとう(^o^)/



それにしてもさ、
もさもさ抜けてるのに毛が薄くならないから
猫はいいよね~
ミニーさん、ちょっと分けてよ・・・
でもミニーさんにもらったら全部 短髪で白髪だな(-o-||)
IMG_0914.jpg
なんにも気にせずお昼寝ざんまい。
このお気楽さが 猫がハゲない秘密なのか?!


冬の風物詩、冬桜とナンテン そしてミニーさん

冬になるとみられるもの、
一つ目は清楚な冬桜。
IMG_0911.jpg
これは この間
ツイッターにあげた写真なのですが
ミューズパークの冬桜です。

八重でかわいいけど春の桜と比べると
清楚で凛とした感じがします。
IMG_0913.jpg
ミューズパークには あまりたくさんはないので
冬桜を目当てに行かれる方は
神川町の城峯公園がいいですよ。
今の時期はライトアップもやっているみたい、
夜が寒いのと 車がないと場所的に不便なのが
玉にキズなんだけどね~




冬になるとみられるもの、
二つ目は南天の実。

これはうちの庭にある白ナンテン、
白実はなかなか増えないの、
お正月に紅白で活けたいんだけどね。
IMG_0905.jpg

赤実はよく増えてたわわに実るので
鳥たちの冬のごちそう。
IMG_0906.jpg

そしてその鳥たちをとなりのトタン屋根から
じっと観察するタマ専務も冬の風物詩。
ほら、こんなふうに(^-^;)
↓これは去年の冬の写真です。
IMG_0062.jpg

タマ「鳥からは見えない角度に隠れるのがコツです」
なんでもいいけど
観察だけにしてねっ 狩らないでねっ
IMG_0057.jpg





冬になるとみられるもの、
三つめは 冬枯れの庭で
ひなたぼっこするミニーさん。
   の、
IMG_0909.jpg

ミノムシかよって言いたくなるくらい
枯葉まみれの背中。
IMG_0910.jpg
タマは転がっても あまり汚れないのに
どうしてミニーはいつもこうなるのか・・・

理由はよくわからないけど
このモクズガニやミノムシみたいなのを
そのまま家に入れられないのは確かなので
庭遊びをしたあとは玄関先でミニーを
パタパタはたくのが
冬になるとみられる うちの風物詩です。

金沢 兼六園 続き

IMG_0882_20131118175616ef1.jpg


兼六園の続きです。
これで雪をかぶっていたら
また 別世界の美しさでしょうねぇ。。。
IMG_0882.jpg






山崎山の近くに龍石という立札が。
IMG_0873-1.jpg

龍石ってこれかな?
シダみたいな植物がヒゲに見えるし
鼻の部分なんか苔でモフモフしてるわ(笑)
IMG_0873.jpg


龍石もそうだけど年を重ねた木々の趣がまた
素敵なんですよね、
ここではサツキでさえ この風格だもの。
IMG_0887.jpg


兼六園にひきこまれている水は
辰巳用水って言うんだって。
金沢城と兼六園は高台にあるのに
緻密な計算で水を引いてきているのがすごいね。
IMG_0877.jpg

花見橋から鶺鴒(せきれい)島を見る。
この反対側はカキツバタが植わっていて
春から夏にかけて桜、ツツジなどの花が
きれいに見えるそうです。
IMG_0876.jpg


水がきれいで鏡のように風景が映る。
IMG_0878.jpg


水に映った綾錦の上でお昼寝するカモさんたち。
ちょっと贅沢だわ~
IMG_0880.jpg


ことじ灯籠のある霞が池に建つ内橋亭、
公開されてないけど茶室らしいよ。
IMG_0881.jpg

内橋亭の方からことじ灯籠を見る。
↓クリックすると大きい画像で見られます。
IMG_0879.jpg

反対に ことじ灯籠側から内橋亭をみたところ。
IMG_0860_201311181755467b2.jpg


雪つりのない時期はカキツバタが
目を楽しませてくれるんだろうな。
その季節だけの花と何百年も年を経た松との対比で。
IMG_0884.jpg


兼六園、最後の写真は
やはり ことじ灯籠で。
IMG_0885.jpg


IMG_0886.jpg


お付き合い ありがとうございました(*´∀`*)

まだホテルとか白山神社とか
金沢城など 撮った写真があるので
普段の記事の合間に そのうち、また書きますね。

金沢 兼六園 

IMG_0860_201311181755467b2.jpg

金沢まで旅行に行ってきました(^o^)/
結婚して かれこれン十年 
旦那さんと二人で旅行に行くのは初めてです・・・
家族旅行だって めったに行かなかったからね~

一度は見てみたいと思っていた兼六園に
行ってきたよ。
いやぁ、生きてるうちに行かれて良かったわ(笑)


上の写真は有名な徽軫灯籠(ことじとうろう)
紅葉のところに立っている足の長い灯篭で
お琴の糸をおさえる琴柱(ことじ)に似ているから
徽軫灯籠って言うんだって。
その手前にあるのが虹橋で
これを琴に見立てているそうです。
↓サムネイルをクリックすると大きな写真で見られます。
IMG_0860.jpg

片足が折れているので
岸につけてあるそうだけど様になってるよね。
IMG_0861.jpg

これは何の木だろう?
苔の上に紅葉したピンクの葉が散って
IMG_0858.jpg

まるではなびらのような美しさでした。
IMG_0859.jpg

そして天下の名園をエサ場にしているハトさん。
毎日タダで兼六園、羨ましい・・・
IMG_0862.jpg


11月なので雪吊りが施されています。
IMG_0864.jpg

枝振りが見事な唐崎松(からさきのまつ)
この雪つりがまた見事な技だよねぇ。
クリックで大きくなるよ。
IMG_0863.jpg

火袋が二つある形の灯篭。
こういう個性的な灯篭があちこちにあるのも魅力。
IMG_0866.jpg

こちらは火袋が五重の塔型。
京都の御室御所(仁和寺)の塔を模したものと
言われているので「御室の塔」と
呼ばれているそうです。

こちら側は三日月で 
反対側は日輪を表す丸のくりぬきなんだけど
普通は もう一面に小さい丸があって
それが星を表す「三光灯篭」なんだよね。
でもこれ 両脇二面は吹き抜けなの、
仁和寺もそうなのかな??
三光は日の光、月の光、御仏の光をも
意味するって聞いたことがあるから
お寺さんなら三方を彫ると思うんだけどなぁ。
IMG_0868_201311181854519d9.jpg

御室の塔があるあたりは山崎山と呼ばれていて
こんなに色づいた紅葉もあるんだけど
IMG_0867.jpg

兼六園全体では まだ紅葉はこれから。
IMG_0870.jpg

まだらに赤くなり始めているものもあって
あと数日できれいになりそう(*^。^*)
IMG_0871.jpg

木の足元には いたるところにライトが。

実はこの日の夜11月16日(土)と17日(日)に
ライトアップがあったんですよ~、
でも私は帰る日だったから残念!
今度の週末、23日、24日も17:30~21:00まで
ライトアップされるそうなので
行かれる方はぜひどうぞ。
IMG_0872.jpg


あらら、だいぶ長くなっちゃったので2回に分けます。
兼六園は水と水に写る風景が本当に綺麗なところですね。

旅行に行ってきます

今日と明日
金沢へ旅行に行ってきます(^o^)/
帰ってきたら また遊んでね♪


急に寒くなっちゃって、
雪 大丈夫かなぁ~ 

人外の物語り

今日は木村拓哉の誕生日なんだってね。
いや、ファンとかじゃないんだけど
安堂ロイドを見てるから
ニュースが目に留まったの。

ほとんどTVを見ない私が見てるのは
猫侍と安堂ロイドだけ。
猫侍は 可愛い白猫「玉乃丞さま」目当てで
安堂ロイドは私が好きな
トリニティブラッドのトレスイクスと同じ
アンドロイドの物語りだから。

大人気だった半沢直樹も見てないのに
人外の物語りは見る変わり者の私(〃⌒▽⌒)ゞ

でも半沢直樹の後番組のせいもあるけど
安堂ロイドは かなり叩かれてるのね。
登場人物の名前がSF作家などのパロディだったり
戦闘シーンが どこかで見たようなものだっていう
批判もあったな。

でも今まで木村拓哉の演技を
ほとんど見たことがなかった私は
この人、実力あるんだなって思ったよ。

まばたきしない演技や
崩れ落ちた時の人形のような足の角度は
普通の人間には かなりきつい態勢だろうけど
それを感じさせないから鍛えてるな~と思うし
首の傾げ方ひとつでも なめらかな動きなのに
人じゃない雰囲気を出すって難しいことだと思う。
沫嶋黎士とロイドの二役だけど
顔が違ってみえるもんね。

この人はきっと学芸会で 
一切の動きがない松の木の役をやったとしても
他の松の木とは違う雰囲気を出せるに違いない(笑)

表情がないという外見は そのままに
変わっていく内面をどう表現していくのか、
台本に無理があったらだめだろうけど
エヴァンゲリオンの監督 庵野秀明さんが
設定協力してるそうなので
踏み込んでくれないかな~って期待してます。


殺人兵器として作られながら
戦場での大量殺人で悪夢を見るようになった
人工知能の苦悩。
人ではないが感情を持ったものを
ただ道具として利用していくのはどうなのか、

感情を持った動物との関係さえ
ちゃんと考えていない人間が
人型でありながら人でないものと 
どう相対していくのか、

これは ただのパロディを含んだSFでありながら
この先 人間が本当に直面する問題を
提起しているのかもしれない。
庵野さんが がんばってくれれば(爆)

猫の藁ベッド

昨日 猫たちがひなたぼっこに使う
藁ベッドのワラを取り換えました。
古くなってぺしゃんこ・・・
しかも下から伸びてきたミント生えちゃってるし。
IMG_0811.jpg


古い藁は庭に植えた花の霜よけに敷いて
猫ベッド用には新しい藁をざくざく鎌で切る。
IMG_0813.jpg


居眠りしながら作業を監督する気楽なタマ専務。
IMG_0817.jpg


ほらっ出来たよ♪
前のは刈り取った芝草とか ウサギ用のチモシーとか
下にいろいろ混ざってたけど
今度のは 稲わら100%だよ~
IMG_0818.jpg


タマ「えっ? 藁ベッドとか言って今まで材料を混ぜてたんですか、
     今はやりの偽装ですね、許せません」

Σ( ̄口 ̄*)はうっ! 鋭い目つきに鋭い指摘(汗)   
IMG_0815.jpg

でも、まっ、いいじゃん。
藁を食べるわけじゃないんだしv(^o^;v)


お日様で温まった藁のベッドは
これからの季節、ニャンズに大人気です。

芋ほり

3日の日曜日、
遅れていた芋ほりをしました。
車に乗っていく ちょっと離れたところの畑。

3列なんだけど畝がみえない(汗)
IMG_0801.jpg

まず私が鎌でツルを切って
長男が三本爪の鍬でザクザク掘る。
いやぁ、助っ人がいて良かったわ、
私ひとりじゃラチ開かないとこだった(^-^;)
ダンナさんはこの日
消防団の点検でいなかったの、
田舎は行事と役職がやたらと多いんだよねぇ。


作ったのは二種類のサツマイモ、
これはベニアズマ。掘りたては鮮やかな赤。
IMG_0802_20131107100645be7.jpg


こっちは安納芋。
IMG_0803.jpg


でね、掘っているうちに
どうしても鍬に当たって割れちゃうのとか
細い芋が出るので
すぐ裏手の山道の入り口から
IMG_0804.jpg

あるんだか ないんだか
わからないような山道を登って行った奥の
IMG_0805.jpg

大きな岩のねもとに置いてくる。
IMG_0807.jpg


ちょっぴりだけど、山の動物たちにおすそ分け。
畑には電気柵があるから荒らされないで
私たちは芋を収穫できる。
だけど人間が必要ない分は 
厳しい冬を迎える山のケモノたちに
分けてあげてもいいと思うの。
まだ1列掘り上げてないから後日 追加するね。
IMG_0806.jpg


岩についている切れ込みのない大きい葉っぱは
全部 イワタバコ、ピンクの可愛い花が咲きます。

鉢に植えて大事にしても育ちにくいのに
山の中ではちゃんと自生しているんだから
自然ってふところが広いよね~
IMG_0808.jpg


コンテナ3個が 今日の収穫分。
これから主食は芋だな(笑)
IMG_0809.jpg

うちの猫専務紹介

はじめましてのご挨拶と
うちの猫専務紹介のページを
新しく作ってみました。
いつも来てくださっている方には
いらない説明なのですが・・・
タマの正式名が実は「しらたま」だとか
ちょっとトレビアっぽいものもありますので
お時間があったら見てくださいな(*^。^*)

カテゴリもごちゃごちゃになってるから
そのうち整理しなくちゃ~(汗)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

はじめまして。
遊びに来てくださってありがとう♪
気楽に役立たzooの園長です。

今の社会では 
役に立たないものは冷たい扱いで
切り捨てられちゃったりしますが
役に立たないものでも
気楽に生きていられる社会のほうが
他のみんなも幸せで楽しいんじゃないか・・・
という考えのもと、役立たzooは開園しました。
(というより 役に立たない園長のまわりに
役に立たない猫専務が吹き溜まってきた
っていうほうが 正しいかも~)(^-^;)>


秩父の自然しかない山の中での超スローライフ、
時々 地域情報や 生活の知恵?みたいなのも
載せてますので 
よかったらまた 遊びに来てくださいね♪


それでは うちの猫専務たちをご紹介します(^▽^)/

あ、なんで猫が専務なのかというと
「役に立つことをなんにもしない」ことを仕事とする
何にも専務という役職についているからなのです。




ミルキー 男の子(平成14年生まれ)
平成16年3月に わずか2才で虹の橋のたもとにお引越し。
IMG_20100328152033.jpg
小学校の校門前に兄弟4匹で捨てられていたミルキー。
オッドアイなのが気味悪がられたのか 貰い手が決まらず
もう少しで保健所行きのところを 小学生だった娘が
泣いて家の者たちを説得、晴れて初代うちの猫になる。
2歳の時 突然 大動脈血栓栓塞症を発症。
一度は歩けるところまで回復するが 2度めの発作で力尽きた。


くぅ 女の子(平成16年生まれ)
DSCN1275.jpg
くぅは うちで唯一 他家からもらいうけた子。
しかし くぅの兄弟は後で
みんな遠くに捨てられてしまったそうだ。
ずいぶん経ってから聞いたが 今でも悔しい。
くぅは人は好きだが猫が嫌いな性格で
いつも二階に引きこもっているから写真が少ない。
この写真も2年前のもの。
今年(平成25年)で9才になったが 
病気も怪我もしたことのない飼い主孝行な子。


しらたま 女の子(平成17年生まれ)
IMG_0396.jpg
通称タマ、目つきは鋭いが女の子である。
保護のいきさつは子猫の時
うちの主人の軽トラのエンジンルームに
入り込んでいたことから。
猫の声がしたが荷台を探してもいなかったと
帰ってきた軽トラのエンジンルームに
手のひらに乗るくらい小さな子猫がいた。
二時間近くも山道を走り
熱いエンジンで右目付近にやけどをしながらも
しがみついて生還した根性は
今でも遺憾なく発揮されている。



ミニー 女の子
   生年不詳だがミルキーの兄弟なら平成14年生まれ
IMG_0683.jpg
ミルキーが亡くなってちょうど一周忌の日、
庭にミルキーによく似た白猫が姿を現した。
その後もたまに見かけたが
栄養失調でひげも抜け落ちた状態になったので
半年後に見かねて保護。
のちにミルキーの姉妹をひきとった同じ地域の家が
その猫をまた捨てたという話を聞いた。
ミルキーはきっと2度も捨てられた姉妹を心配して
一周忌の日に うちへ連れてきたのだと思う。
ミニーは飢餓の反動でご飯をいっぱい食べ
あっという間に太ってしまった。
体重管理が甘すぎると反省しているが
もう二度と
飢える心配も捨てられる心配もさせたくないのだ。



シャオラン 女の子(生年不詳)
   平成23年12月 虹の橋のたもとにお引越し。
tuitou2.jpg
平成20年8月の雨の夜 娘についてきたところを保護。
はじめて会った時から ひどい猫風邪だったが
病院に連れて行ったところ 臍ヘルニアで
FIV(猫エイズ)のキャリアでもあることが判明。
ヘルニアの手術の時 お腹の毛をそったら
不妊手術の跡があったので
飼い猫だったのが 病気で捨てられたらしい。
強く生きるようにと娘がシャオラン(小狼)と命名。
後に口蓋裂であることもわかり
三重苦の上に捨てられて どんなに辛かったかと
こちらは涙したが
本ニャンはいたって陽気でフレンドリー、
人間の子供が大好きで まるで犬のような猫だった。
FIVや口蓋裂の誤飲に注意を払っていたが
最後は腎不全で
クリスマスの五日前に旅立ってしまった。




そして最後に
うちから里子にいった
ペコとポコ 男の子
MVC-002S-2.jpg
左がペコで右がポコ。
まだうちの次男が高校生だった頃
自転車で通学途中 猫の声がするのに気が付いて
道路わきの草むらをかき分けると
奥の用水路に子猫が二匹いたそうだ。
ペコは疲れて浅い水の中に座り込み
ポコが一生懸命鳴いて助けを求めていたらしい。
人家のない場所の 子猫には這い上がれない用水路、
捨てた人は雨でも降れば水量が増えて流されると
思って捨てたのだろう。
本当にそうなるところだった、  でも
ポコがあきらめずに鳴いていたから助かったのだ。
近くには貰い手が見つからなかったため
ネットの「いつでも里親募集中」さんに載せてもらい
無事 若い夫婦の里親さんに
しかも兄弟そろって育ててもらえることになった。
この子たちは運が強かった。
でも どんな子もゴミみたいに捨てられたりしない
そんな世の中にしないといけないのだと思う。






長い紹介になってしまいました。
お付き合いくださってありがとうございますm(_ _)m



お久しぶりです!

お久しぶりです!
皆様 お元気でおすごしでしょうか?

あたふたしているうちに11月になって
むこう山も少しずつ色づいてきました。
IMG_0792.jpg

私は10月下旬に風邪をひいて
寝込んだりしてましたが
猫専務たちはあいかわらず まったり元気です。


くぅは二階のベランダでひなたぼっこ。
IMG_0800.jpg

タマも ぐっすりお昼寝。
IMG_0794.jpg

もちろん ミニーさんもひなたでウトウト。
谷の中の我が家は この時期
午前中しか日が当たらないので
貴重なひなたぼっこタイムです。
IMG_0796.jpg


小さなつぼみだったけど
レディ・エマ・ハミルトンが咲いてくれました。
ここだけちょっと華やか(*^。^*)
IMG_0798.jpg


ぼちぼち更新しますので
また どうぞよろしくお願いしますね~

プロフィール

園長

Author:園長
秩父に嫁いで20数年。。。
上武自然公園の中に
家族7人、猫4匹で住んでます。
どうぞよろしく♪

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2013年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


全記事表示リンク

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

楽天お勧め

フリーエリア

カウンター

震災からの復興を願って

被災地に一日も早く笑顔が戻りますように!

20110319210226b10震災

ページランキング

役立たzoo園内人気記事

ブログパーツ

相互リンク新着情報

リンクしていただける方は コメント欄でお知らせくださいね。 相互リンクで 新着情報が出るようにさせていただきまーす♪

お勧めのブログです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

お知らせ

setagayaneko.gif

ご協力をお願いします

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

検索フォーム

フリーエリア

Copyright © 園長