今年一年 ありがとうございました。

このブログに遊びに来てくださった皆様、
今年一年 ありがとうございました。
ZOOを代表して タマ専務からお礼申し上げます。
「みんにゃん、どうもありがとう」
IMG_0938.jpg
いえいえ、
決して缶詰欲しさに頭を下げているわけでは
ありませんよ~(笑)


寒さも厳しい年末ですが
皆さま お体に気を付けて
楽しい年越し&お正月をお迎えくださいね(^o^)/♪

今年 印象に残ったこと

今年ももうあと数日で終わりますね。
皆さまにとっては 
どんなことが印象に残った年だったでしょうか?

私にとっては・・・
世相は あんまり明るく映らなかったので
それは棚に上げといて\(゜ロ\)(/ロ゜)/ヨイショッ

世間にとって まぁどーでもいい個人的な興味としては




まず 漫画は テラフォーマーズが面白かったです。
火星に運んで人型に進化しちゃったゴキブリと←めちゃ強い。
いろんな生物の力を発揮できるような手術(バグズ手術)を
受けた人間との 火星での戦いを描いている漫画ですが
国同士の駆け引きみたいな大きなことから
何気ない会話の面白さ等の小さな部分まで
かなり良くできていると思います。




それからTVでは
安堂ロイドにおける木村拓哉氏の演技力というか
芝居に対する真摯さみたいなものにびっくりしました。

人間にそっくりだけど
人間ではないものの異質さを出すために 
カメラの前では、まったくまばたきしない、
しかも それでカラコンしてメガネしてスーツで
アクションをこなしているのですから
普通だったら「ああ、辛いだろうな」と思わせるのに
それさえ感じさせないくらい
動きもアンドロイドそのものでした。
壊れたシーンでは 息も止めていたみたいです。
これってもう修行僧のレベルじゃない?って思いましたよ。

顔の表情を一切 使わずに
手や背中だけで感情を表していく演技は難しいもの、
視聴率は芳しくなかったと聞きますが
演技としては泣き笑いする人間の役より
よほど難しくて個人差がでるところだと思います。





そして 何と言っても一番 印象に残ったのは
オルフェーヴルの引退レースとなった有馬記念。
圧巻の8馬身差。
見てて涙が出た(T T)

オルフェは新馬戦と3冠目の菊花賞で
騎手の池添謙一を振り落としたんだってね。
それは見てなかったんだけど
新馬戦はともかく 
騎手を振り落とす三冠馬って・・・
いったい どこの野生馬だよっ
と、日本中のファンが 突っ込んだんじゃないだろうか。

能力はすごく高いのにボロ負けしたり
阪神大賞典では騎手の指示を無視して突っ走り
他の馬を全部抜いたところでレースは終わったと勘違い、
外埒ぞいに寄ってから 
まだ他の馬が走っているのに気が付いたのか
猛然と走り始めて 結局2着に入るという
見たことない競馬をしてみせたり
まぁ、話題にことかかない やんちゃ坊主だったオルフェ。

そんなオルフェをずっと忍耐強く導いてきた池添さんは
フランスの凱旋門賞に一緒に行かれなかった。
外国人騎手に乗り替わりになっちゃったんだよね。
そして日本に帰ってきて
池添さんが乗ったレースのジャパンカップは
岩田さんのジェンティルドンナに先着されて勝てなかった。


今年の有馬記念、
これが最後のレースだとわかっていたオルフェーヴルは
もしかしたら ずっと苦労を共にした池添謙一のためにも
勝とうと思ってたんじゃないだろうか。
あまり調子が良くないと関係者からも言われていたのに
ウインバリアシオンやゴールドシップなどの強豪相手に
8馬身もの差をつけてゴールしたのは
そんな決意があったからだと思えてならないんですよね。
馬って本当に賢いから(泣)

オルフェーヴル、
大きな怪我なく走りきってくれて嬉しかったよ。
素晴らしいレースを 今までありがとう。
来年は午年、
オルフェみたいに元気で明るい年になるといいな~




好き勝手なことを書き散らしてしまいました。
漫画もドラマも馬にも興味がなかった方
どうもすみません(^-^;)>
今日はコメント欄 閉めておきますね。

 



コーヒー入りキッチンソープ

御影石のブロックみたいですが
コーヒーの粉を入れたキッチンソープです。
決して どこぞの墓石ではありません(^▽^;)
IMG_0970.jpg
揚げ物料理に使った油をリサイクル~♪
近頃 使っているのは 太白ごま油だから
ただ捨てちゃうの もったいないんだよね。

それに 飲み切らないで少し古くなっちゃった
ドリップ用コーヒー粉も入れて一緒にリサイクル。
コーヒーは脱臭効果があるのと
スクラブになるので 油落としにいいみたいです。
ということで二杯分 どっさり入れてみました。

材料は
太白ごま油(廃油)250g, ココナツオイル150g,
それに固さを出すためのパームオイル100g。
キッチンソープなので苛性ソーダは多少多めの72gと
精製水が170gです。
香りは一応 ヒバ油とプチグレンにしてみたけど
コーヒーが入っているから
一か月 熟成するあいだに消えちゃうかもね。





話は違うけど 
今 マシュマロ女子が話題なんだって?
うちにもいるよ、マシュマロ女子。
しかも天然猫耳付きだぞ~

時代の風は ミニー専務にむかって吹いている( 一∀一)
IMG_0972_20131223142815b10.jpg


こちらもマシュマロ女子 
チョコ風味の くぅ専務。
今朝 地引網にかかったばっかりの獲れたてです(笑)
IMG_0964.jpg


うち、マシュマロ率 高いな・・・
せめてタマ専務は 標準でいて欲しい。

シャオラン三回忌

今日はシャオランがいなくなって丸二年の日。
もうそんなに経ったのかぁ。

2011年の12月は 私の父も入院中で
年が明けてすぐの1月6日に亡くなったから
シャオのことで ゆっくり悲しむ暇もなかった。

今日はシャオが亡くなった時
五黄(ごおう)猫国往来記ぴゆうさんが描いてくれた
絵を見ながら ゆっくりすることにします。


shaogoou.jpg

この絵のシャオランは 本当に実物そっくりなの。
しっぽがふさふさだったところまでそっくり。
きっと時間をかけて
祈りながら描いてくれたんだよね。
シャオにとっては 何よりの供養で有難いなぁって
今でも涙がこぼれます。


見てくれている方は
シャオのこと知らない人のほうが多いかもしれないのに
ごめんなさいね(^-^;)>

今日はコメ欄閉じておきますね。

一石二鳥作戦 今年もやってます

冬の午前中 
一番早く温まるトタンの上でひなたぼっこしつつ
南天の実を食べにくる野鳥を狙う観察する
タマ専務の一石二鳥作戦、
今年も決行中です。
IMG_0950.jpg

目はつぶってても
耳のセンサーは周囲に張り巡らされている(笑)
IMG_0951.jpg


これは数日前の写真なので晴天ですが
今日は雲が多く、明日はなんと雪の予報。
一度 クリスマスに降ったことがあったけど
こんなに早い雪は記憶にないなぁ。。。

秩父は寒いわりに晴天率が高くて
あまり雪は多くないんですよ。
降ったら日陰の山道は溶けなくてアイスバーン
っていう最悪な状況はありますけどね(^-^;)

私は北陸旅行に行った関係もあって
今年は11月なかばにスタッドレスに替えてるから
そんなにあわてないけど
今日は念のため 食料と灯油を買い出ししてきました。

今年は雪が多いのかな?
でもカマキリは低いところに卵を産んでたしなぁ。。。

カマキリは雪の多い年は 雪に埋もれない高さに
たまごを生むっていわれてます。
一度 家の中のカーテンに付いてたことがあって
なんで??って思ったら
その年は極寒でした(-o-||)なるほど・・・

都市部も雪は困るよね。
関東地方、明日 あまり降らないといいですね。

山ふじの蜂蜜、ミツバチとオオスズメバチのこと

秩父の道の駅にテントを出して
武甲養蜂さんが蜂蜜を売っていたので
買ってきました。 
今年 地元で採れた「山ふじ」の蜂蜜です。

写真ボケててごめんなさいm(_ _)m
バックに焦点が合っちゃってたみたい~
IMG_0957.jpg

今年は山ふじが 花の滝みたいでとても見事だったの。
こういうときは ハチがいろんな花に散ってしまわず
山ふじの蜜だけを集めてくるから単一の蜜が出来るんだって。
毎年出来るわけじゃないんだね。
IMG_0356.jpg

花があまり咲かない年もあるし
咲いても蜜ができてない年もあるけど
今年は豊作だったそうです。
藤が見事だった2013年の思い出に一瓶♪
同じく豊作だったカリンを漬けました。
っていうか 今年は実り物がみんな豊作だったなぁ。
ありがたいことだわ~
IMG_0354.jpg


それと もう一つ これを買ったんだけど
キライな人もいると思うので写真は小さく(^-^;)
(クリックすると大きくなります)
IMG_0956.jpg

なんと 世界最大、最強の蜂といわれる
オオスズメバチの蜂蜜漬け。
ぜんそく、不眠症、神経痛やリウマチ、
疲労回復、心臓の不調などに効くと言われています。

オオスズメバチの毒って何種類もの物質の組み合わせで
その中にはセロトニンとかドーパミン、アセチルコリン
なんていうのも入っているそうだから
疲労回復や不眠症に効くっていうのは頷ける。

山仕事している人から
昔は肩こりがひどい時 
ミツバチに肩を刺してもらって治したって話を
聞いたことがあるから 蜂毒の成分が
神経痛やリウマチに効くっていうのも
信ぴょう性があると思うよ。


武甲養蜂さんから聞いたんだけど
スズメバチは 秋口になって
幼虫の餌が不足すると ミツバチの巣を
襲ってしまうんだって。

キイロスズメバチはミツバチの成虫を
一匹ずつさらって自分たちの巣に運ぶけど
オオスズメバチは まず成虫をぜんぶかみ殺して
巣の中の幼虫を肉団子にして持っていくらしい。
数時間で 数万匹いるミツバチが全滅しちゃうくらい
戦闘能力が高いオオスズメバチ。
そりゃ 養蜂家さんは 放っておけないよね~

自然環境の比較的穏やかな日本に
なんでこんな最強の昆虫がいるんだろうね、
びっくりだわ。


でも ネットで検索して知ったんだけど
その最強のオオスズメバチに
全滅させられない蜂がいることに
もっとびっくりした。
その蜂の名は ニホンミツバチ。

彼らは 偵察のオオスズメバチが来たとき
大勢で群がり 蜂球を作って
オオスズメバチを熱殺する術を持っていて
さらにすごいのは
後続のスズメバチが何匹も来てしまったときには
巣を捨てて飛び去るそうなのよ。

西洋ミツバチは巣を離れないから
なすすべもなく全滅してしまうけど
昔からスズメバチがいる環境で生きてきた
ニホンミツバチは撤退して生き延びることを
知っている・・・

こんな小さな虫たちが
いったい どれだけの時間をかけて
生き延びる知恵を身につけたのか。
おそらくは 何度も全滅の危機に会いながら
何千年もかけて
身につけてきたんだろうなぁと思うと
命のすごさに感動して涙が出そうになるよ。

それに
ミツバチのほうが 大きなスズメバチより
数度、高温に耐えられるように出来ているっていう
自然の設計図の緻密さがすごくない?!


ちなみにオオスズメバチのほうは
自分たちの幼虫が出す透明な液を栄養にして
一日に100㌔も飛べるそうで
そのアミノ酸の成分バランスを研究して作られたのが
明治のヴァームなんだって。
どの生き物も 本当にすごいねぇ。。。

みかんさんからの頂きもの、ありがとうです!

いつもブログでお世話になっている
猫と畑の写真」のみかんさんが
ぎんなんをお分けしましょうか?
と言ってくれたのに甘えてお願いしちゃいましたら
他にも こんなにいろいろ送ってくださいました、
なんか 申し訳ないです(汗) けど
おいしそうなものいっぱいでテンション上がる~♪
IMG_0939.jpg

比べるものがないからわかりにくいけど
このぎんなん 粒がとても大きいの!
すごーい(@o@) 
さっそく封筒に入れて電子レンジにかけました。
ポンポン爆ぜて殻が割れたのを食べる。
中身も大粒で もちもち~~♪

私は肌が弱くてギンナンに被れるので
食べるのは好きだけど"拾って下ごしらえ"が
できないんです。
だから送ってもらって大感謝♪♪

ギンナンは体を温める力が強いって言われているので
冷え症になりやすい女性には強い味方、
それから咳を鎮めて肺を潤すそうだから
風邪をひいたときにもいいかもね。
カリン酒のみながらギンナン食べたら最強?(笑)
IMG_0942.jpg

あとね、これ、美味しかった、
みそ煮込みうどんとみそ煮込みスープ。
作ったのが夜だったので写真がないんだけど、
家の中、照度不足でよく写らないのよ(^-^;)>スマンッ

私は名古屋に行ったことがないので
八丁味噌って言うのを食べたことがなかったけど
コクがあるんだね~、
ネットで調べたら麹を使わない豆味噌なんだって。
スーパーに売ってるかな、八丁味噌。
秩父で作るおなめは麦味噌だけど味噌汁には使わない。
八丁味噌は味噌汁にしたら白みそより美味しいと思うわ。
IMG_0943.jpg

これはチロリアンランプの苗、
すぐ鉢に植えて暖かいボイラー室に入れたよ。
私は最初 ローゼルだと思い込んでた、あはははっ(^▽^;)
いや、見たことないのよ、ローゼル。
IMG_0941.jpg

そしてこれが本物のローゼルのジャムとティー。
ハイビスカスの仲間で
秩父ではたぶん露地栽培はムリっていうハーブだから
実物を見るのは初めてなんです。
IMG_0940.jpg

ジャムはスコーンに添えて、ティーは温かいものを(ノ´∀`*)
自家製のジャム、甘すぎなくて美味しい。
作るのに時間がかかっただろうな~、本当にありがとうです。
IMG_0954.jpg

きれいな色だよねぇ、
ローゼルはビタミンCが多くて
美容にいいらしいよ。
私が持っているハーブの本には疲労回復にいいって
書いてあった。
でも花が咲いている時期に高温が必要なため
秩父では実物にはお目にかかれない。
IMG_0955.jpg


他にも私が食べたことない きしめんとか
八丁味噌を使ったカリントウなど
珍しいものをたくさんありがとうです!
頂いた花苗、ペチュニアもボイラー室で
可愛い花をつけてくれてまーす(^o^)/

このお礼は そのうちに♪

お寺さんにいた猫

昨日は父の三回忌で亀戸のお寺さんまで行ってました。

これは行きの関越道、朝8時半ころなのですが
写真に撮ったら見えないんだけど(^-^;)>
細かい雲の間から光の筋が数えきれないくらい降りて
まるで白糸の滝みたいだったの。
神秘的なくらい きれいだったの。
えーん、目視出来てたのに、なんで撮れてないんだよ~
IMG_0947.jpg

ここの部分は ちょこっとわかるかな?
実物はもっときれいだったんだよ、
一番下の雲は少しピンクがかったような感じで、
でも なんとなく普通じゃない気もして怖かったけど。
IMG_0947-1.jpg


こちらは写ってて良かった(*^。^*)
お寺さんにいた猫さん♪
え? ハトだろうって?
あ、そうそう ハトさんが私のすぐ近くにいて
人慣れしているのか ぜんぜん逃げないんだけど
ピンクの矢印のところには猫がいるのよ。
だけど知り合いのハトなのか、まったく狙わない。
お寺さんに集う生き物は みんな平和的なのかな?
うちのタマ吉姐さんだったら0.3秒でロックオンするぞ(笑)
IMG_0948.jpg

「殺生などしなくて済むなら 
  しないにこしたことはありませんよ」とでも
言っていそうな穏やかな顔の猫さん。
IMG_0949.jpg

またもやキナ臭い道を歩こうとしている国の国民としては
あなた方を巻き込まないで済ませたいと
思うばかりです。

立てば雪だるま 座ればお餅

昼間は暖かい日が続いていますが
朝は霜で真っ白の庭。
寒さに強いビオラは
まだ たくさんの花を咲かせてくれていますが
IMG_0931.jpg

バラは明け方の寒さに耐えられないようです。
エマ・ハミルトンは葉が赤銅色になりました。
花も もう少しで開いたのに可哀想だったな。。
IMG_0944.jpg


あら、庭のすみっこに雪だるまが・・・
と思ったらミニーさん。
立ったまま寝てる( 一∀一;)
IMG_0929.jpg
今は正午ごろまでしか日が当たらないので
猫たちはひたすら太陽を追っかけて
日差しを吸収しています。


わらのベッドに移動したら臼の中のお餅みたい。
IMG_0945.jpg
立てば雪だるま、座ればお餅、歩く姿は貴乃花~の
ミニーさんです。



日曜日に東京のお寺さんで
父の三回忌をします。
私が施主なので終わらないと落ち着かなーい、
というわけで コメント欄は閉じておきますね。
明日から寒波がやってくるようですので
皆さまも体に気を付けてお過ごしくださいませ(*^。^*)

カリンのはちみつ漬けを作ったよ

先日 拾ってきたカリンを蜂蜜に漬けてみたよ。
カリン酒だと昼間 飲むわけにいかないから
喉が痛いときは いつでも使えるように
ノンアルコールものを作っておく(笑)
IMG_0933_201312031710291b3.jpg


カリンを半分に切ると こんな感じ。
梨みたいに見えるけど
カリンはとっても固いので
包丁を入れるときは手を切らないように
気をつけなくちゃならないの、
芳香のある熟した実も柔らかくはならない
不思議なくだものです(^-^;)

この種にも薬効があるそうなので
ティーバッグに入れて一緒に漬けてみます。
IMG_0932.jpg


熱湯消毒したスプーンで
二週間くらいは上下をよくかき混ぜないと
蜂蜜から出ている部分が悪くなっちゃうらしいから
がんばりますっ(p゚∀゚q)

蜂蜜がシロップ状になったら実と種を取り除いて
冷蔵庫に入れるんだって。
梅と違って最後まで食べられない果物、カリン。
IMG_0934.jpg

紅茶にカリン蜂蜜を入れても飲んでも
美味しいかもね。

プロフィール

園長

Author:園長
秩父に嫁いで20数年。。。
上武自然公園の中に
家族7人、猫4匹で住んでます。
どうぞよろしく♪

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2013年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

楽天お勧め

フリーエリア

カウンター

震災からの復興を願って

被災地に一日も早く笑顔が戻りますように!

20110319210226b10震災

ページランキング

役立たzoo園内人気記事

ブログパーツ

相互リンク新着情報

リンクしていただける方は コメント欄でお知らせくださいね。 相互リンクで 新着情報が出るようにさせていただきまーす♪

お勧めのブログです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

お知らせ

setagayaneko.gif

ご協力をお願いします

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

検索フォーム

フリーエリア

Copyright © 園長