FC2ブログ

黒猫ハルの雪上探検

雪が降った翌朝
IMG_2768.jpg

ハルがお庭探検に出かけました。
「ハッちゃん、冷たくてもガンバルです!
  クロネコヤマトはどんな日にも配達するですよ」
IMG_2772.jpg

「ううっ、ここからはもっと雪が深くて埋まりそう、だけどクロネコは・・クロネコは」
IMG_2773.jpg

「やっぱり帰るです」
クロネコヤマトに就職するのは諦めようね。
IMG_2774.jpg

雪のないプレハブの下にたどりつきました。
IMG_2775.jpg

今日はここから宅急便屋さんを応援するそうです。
IMG_2776.jpg

降った時は このくらい積もっていた雪も
IMG_2767.jpg

一週間たったのでだいぶ溶けてきました。
IMG_2778.jpg

でも雪の重さでミモザが折れちゃったのを発見
春になったらリースに出来るかなって楽しみにしてたのに~~
IMG_2779.jpg

幹の上部も裂けてしまっていたので
人間のあかぎれ用テープを巻いてみた。
接ぎ木用のは持ってないんだよぉ。゚( ゚´д`゚ )゚。
IMG_2780.jpg

小さい芽、枯れないで頑張れ!
IMG_2781.jpg
それにしても こういう小さいものには
ミクロモードでも焦点が合わないなぁ。

バラの剪定と鹿の角

先週 バラの剪定をしました。
これは東側の軒下にあるバラ、
今週は超寒いし雪も降ったから
先週のうちに終わらせておいて良かったわぁ。
IMG_2753.jpg

監督は居眠りしながら
IMG_2760.jpg

時々 ニャコム(笑)
IMG_2761.jpg

今年は小さい苗以外
細い枝を全部落として強剪定してみました。
すっきりを通り越してますね、
午前中しか日が当たらないので
余計に寒々しいな~
IMG_2754.jpg

でも大胆にカットしたほうが
地際からシュートがでるかな、
1段か せめて2段くらいまでにして。
IMG_2755.jpg

鹿の角は3段あるのが立派で良いけどね。
立派な角の間から見ると
普通の猫もちょっと格好よく見えるよ。
IMG_2758.jpg
うちは近所で こんなものが拾える自然環境です。
それが一番スゴイことかもねぇ。




先日 お姑さんのお兄さんが亡くなりまして
昨日がお見舞い(ここは亡くなってからでもお見舞いをします)
今日はこれから納棺、お通夜で
明日は一日 葬儀になります。
お返事できないので コメント欄は閉じますね。

PCが戻ってきました

夕べ パソコンがやっと戻ってきました。
でも
サポートデスクの方も
いろいろ試してくれたのですが
結局 直らず初期化してもらい・・・(T T)
まだワードやエクセルもダウンロードしてない状態なの。

とりあえず画像ソフトのJTrimだけ入れ直して
ブログ再開しま~す。
IMG_2764.jpg


秩父地方、昼頃から雪が降り出しました。
これは午後3時過ぎの写真、
まわりの景色が墨絵の世界になってます。
IMG_2765.jpg

明日の朝までに
この像の上、何十センチ積もるかなぁ。
IMG_2766.jpg
交通機関にも あまり支障が出ないといいですね。

パソコンが入院

本日
パソコンが体調不良で
入院することになっちゃいました。
更新プログラムのインストール関係で
引っかかってしまったようです。

元気になって戻ってきたら
また皆様のところにお伺いしますね~

猫の毛色と肌の色

今日は晴れててもすっごく寒かったです。
寒い今年の冬の中でもピカ一の寒さじゃないかな。
私が用事で出かけたのもあって
タマ以外の猫たちは一日中 部屋の中でした。


昨日の午前中
日向ぼっこしておいて良かったねぇ。
ひだまりでゴロンゴロンしてるタマ。
背中には模様があるけど お腹は白っぽい、
それにね、
灰色の毛並みの部分もかき分けると
色がついているのは表面だけで中は白い毛なの。
表面だけ色付き・・・神様 塗料の節約した?(笑)
IMG_2744.jpg

石垣と垣根のあるところは暖かいんだよね。
左側の足場が狭いところにタマ、右奥にハルがいます。
IMG_2747.jpg

心臓に雑音があるハルは体温が低いから
太陽の光を吸収しやすい黒猫で良かったわ。
でも実は
ハルの毛はアンダーコートまで全部黒いけど
肌の色は黒くない。
三毛猫だったシャオランは
黒い毛の部分は肌も黒かった気がするんだけど
他の三毛猫さん、黒猫さんの肌は何色なのでしょう??
IMG_2748.jpg

白猫のミニーは鼻も肉球も黒い部分は一切なし。
アンダーコートもなし。
由緒正しい白猫は ただ汚れるのみ(爆)
IMG_2749.jpg

初めてツルバラの剪定をしました

去年 初めて
スノーグースとレイニーブルーをお迎えしたので
年明けの庭仕事は
初めてのツルバラ剪定から。
ツルバラ剪定初心者 がんばりま~す🌸

それにしても 同じツルバラと言っても
レイニーブルーは下葉を枯らして
冬眠の準備に入っているのに
IMG_2727_201801091108514cb.jpg

もう一方のスノーグースさんときたら
この寒さの中
ウェーイ!とばかりに新芽は出すは
IMG_2728_20180109110852957.jpg

蕾を次々あげてくるはで
ちょっと楽天的すぎるんじゃないかと(笑)
IMG_2726_20180109110849fce.jpg

で、申し訳ないのだけれど
去年 花のついた枝と葉っぱ、つぼみを
すべて取らせていただきました。

幅の狭いアーチなので斜め上に誘引、
ほんとはもっと真横に引いた方がいいのかな。
針金入りのふにふにした結束バンドは
皮手袋してても扱いやすくていいね。
IMG_2740.jpg

こちらはレイニーブルー、
私はいつもバラの葉っぱや選定した枝を
コメ袋に入れています。
いっぱい入るし
紙の米袋はとっても丈夫で
ちょっとのことでは
とげや枝が突き抜けたりしないんです。
いっぱいになったら上をくるくると巻いて
付いている紙紐でしばり可燃ごみの袋にポン。
うちは毎年 玄米で200kg買うからね~
IMG_2741.jpg

レイニーブルーは
巻きつけるようにしてみたけど
どうかなぁ・・・
IMG_2742.jpg
春には結果がわかるね。
花の時期が楽しみ~~♪

あ、まだ土の入れ替えしてないわ(〃⌒▽⌒)ゞ

びびりのミニーは味がある

12月にワクチンで病院に行ったばかりのミニー、
右耳に茶色い耳垢みたいなのが詰まって
昨日また病院でした。
歳をとると病気が増えるのは人間も猫も一緒ねぇ。。。

びびりのミニーさんは
夕べは部屋のホカペで寝ないで
家の中のどこかに隠れていたんですよ~
朝になってご飯を食べに出てきても
昨日の今日でまた病院に連れていかれるかもと
緊張しているので
お庭の日向ぼっこでリフレッシュ🐱
IMG_2725.jpg

ハルは
この間ミニーがいて座れなかった
一番暖かいところを先に確保して
大満足の毛づくろい。
IMG_2729.jpg

タマは背丈より高い猫草をムシャムシャ、
牛さんみたいでしょ~
IMG_2736.jpg


近寄ってくるタマにびびるミニー(笑)
若いころは6kg近くあったけどやっぱり小心だったの。
大きな体に小さな肝っ玉、
この性格がまたミニーのいいところ♥
IMG_2738.jpg
同じ猫同士だったら強いほうが得だけど
わたしから見るとミニーは
なんていうか・・・「味」があるんだよねぇ。
時々 哀愁が漂ってたり 空威張りが可愛かったり。

必殺技なんか
見てないふりして通りすぎた瞬間に
後ろから繰り出す猫パンチなんですよ。
ミニーなりに正攻法じゃ勝てないと思って
考え出したんだと思うと可笑しくて(^m^)プクククッ

個性があるって素敵ですね~♪

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

新しいこの年もまた
咲く花に一喜一憂する幸せと
IMG_2722.jpg

猫たちが気ままに生きる姿に癒される幸せが
IMG_2723.jpg

天と地の平穏によって許されますように。
ヒトの暴虐がその平穏を破ってしまいませんように。

そして少しでも多くの人々にとって
前年より希望の多い年となりますように。
IMG_2724.jpg


次の更新からコメント欄 開けますね~

プロフィール

園長

Author:園長
秩父に嫁いで30数年。。。
上武自然公園の中に
家族7人、猫4匹で住んでます。
どうぞよろしく♪

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2018年01月 | 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


全記事表示リンク

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

楽天お勧め

フリーエリア

カウンター

震災からの復興を願って

被災地に一日も早く笑顔が戻りますように!

20110319210226b10震災

ページランキング

役立たzoo園内人気記事

ブログパーツ

相互リンク新着情報

リンクしていただける方は コメント欄でお知らせくださいね。 相互リンクで 新着情報が出るようにさせていただきまーす♪

お勧めのブログです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

お知らせ

setagayaneko.gif

ご協力をお願いします

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

検索フォーム

フリーエリア

Copyright © 園長