キツネノカミソリ

地元の情報が載っているチラシを見ていたら
オレンジ色の花の写真と共に
「キツネノカミソリが見頃を迎えました」という文字が。

キツネノカミソリ?
彼岸花の名所っていうのは聞くけど
それは珍しいな~と思ってよく見ると
場所は荒川で 
個人が管理している深山の花園っていう
ぜんぜん知らないところだったの。
キツネノカミソリの実物を見たことがなかったし
これは行ってみるしかないでしょー♪



そのキツノネカミソリ、
彼岸花みたいに丸くはならないけど
元気なオレンジ色がなかなか華やかでした。
IMG_2259.jpg

地図で一番近そうな道を通ったら
軽自動車もすれ違えないような山道でビビったけど
深山の花園自体は秩父鉄道「武州日野駅」からも近いし
車なら国道140号線から日野鷺橋を渡ってすぐで 
こんなふうに駐車場もあったから
行かれる方は大きい道路を選んで通ってね(^-^;)

入場料はないけど
整備協力金をお願いしますっていう箱が置いてあるよ。
詳しい情報は秩父の観光情報サイト
深山の花園のページでどうぞ。
IMG_2268.jpg


手書きの案内板も味があるナ。
IMG_2265.jpg

雑木林の中や日の強すぎない北向きの斜面に自生するらしい。
彼岸花はよく川の土手なんかの日向にも生えてるから
それより日差しの弱いところを選んで棲み分けてるのかな。
IMG_2266.jpg

でもしべが長いところは彼岸花にそっくり。
IMG_2255.jpg

こんなふうにビニールロープが張られて
踏まれないようにしてあるんだけど
その外側にも構わず生える 空気を読まないキツネノカミソリさん。
IMG_2254.jpg

個人所有の花園にしては広いよね。
区画分けしてあるので
もっと後に咲く彼岸花ゾーンもあります。
IMG_2263.jpg

普通は広葉樹林の下に咲くんだろうけど
そこはほら、花園だから
まわりの木はみんな 梅や桜、桃、
サンシュユ、ロウバイ、マンサクなど花の咲く木。
ここは春もきれいなんだろうな~
IMG_2262.jpg

リコリスなのにリスじゃなくてキツネ(笑)
なんでもこのリコリス族にはキツネノカミソリの他
ピンクの花が咲くタヌキノカミソリとか
九州に生き残ってるムジナノカミソリとかがあるらしい。
みんなヒゲを剃る必要がない動物なのに
いったいカミソリを何に使うのだろうか σ(・ω・。) うーん。
IMG_2261.jpg

つぼみもまだまだたくさんあったから
あと1~2週間はきれいに見られるんじゃないかな。
IMG_2258.jpg

葉っぱも何もない地面からいきなり芽が出た!
と思ったらつぼみなんだから驚くよね。
人を驚かすってところでキツネやタヌキの名前が付いたという説も。
昔は山の動物たちにも親しみがあったんだろうね~
IMG_2260.jpg

休日は混むかもしれないけど
昨日は平日だったので私が行ったときは誰も見学者いなかったよ。
静かな林にたたずむ花と木立ちを渡る風を独り占めの贅沢。
IMG_2256.jpg
近いうち 秩父を通る予定があったら
ぜひ ここにも立ち寄ってみてくださいね。
関連記事

Comment

2017.07.29 Sat 10:36  |  

なななんと!! 個人所有なのでございますか。うーむ素晴らしいですね^^ 秩父ってやっぱり面白いデス!!

しかし、狸の・キツネの・ムジナのと、ネーミングが最高ではございませんか^^ こんななまえ付けられたら、みんなが可愛がること必定💛  素敵なオレンジ色と、楽しい名前。とっても素敵^^

  • #-
  • mimiha
  • URL

2017.07.29 Sat 13:24  |  こんにちは

山の手入れも 雑木 切り払うだけじゃ
しんどいものね、花を植えてあると
それなりに励みも出るし
何より やりがいがでますね 

2017.07.29 Sat 13:57  |  

こんな規模で 個人所有と言うのは凄いですね。
彼岸花は田んぼのあぜ道に 沢山見る事ができますが
それとは全然違う感じの群生ですね。
個人の方がこれだけきれいに整備されるのは大変でしょう。
季節によって 色んな花が楽しめるみたいですね。
維持するのは大変だと思いますが 頑張って欲しいですね。

  • #-
  • 園主
  • URL

2017.07.29 Sat 19:12  |  mimihaさんにお返事♪

そうなんです、
個人運営の花の名所って珍しいですよねぇ。
たぶん最初は自然に生えていたキツネノカミソリなどを
見てもらおうと整備したのでしょうけど
年々 花の種類が増えているんじゃないでしょうか。
個人の土地だから これも一種のオープンガーデン?(笑)

植物名にキツネとかタヌキとか付けると
なんだか急に親しみやすくなりますよね。
昔の人は想像力が豊かで いまより楽しく生きてたような気がするわ~

  • #JalddpaA
  • 園長
  • URL
  • Edit

2017.07.29 Sat 19:24  |  みかんさんにお返事♪

ほんと、花を植えて見てもらうって
整備するだけで大変だし お金にもならないけど
張り合いがありますよね♪

今回は所有者さんには会ってないので
どんな人かは わからないんですけど
きっと昔から土や自然に親しんで生きてきた人なんだろうな~
それにしても駐車場まで用意するなんて
かなりの生きがいになっているんでしょうね。

またヒガンバナの季節には行ってみたいと思います。
花の苗も販売しますって書いてあったから
今度は建物の中にも寄って所有者さんに会ってこようかな。

  • #JalddpaA
  • 園長
  • URL
  • Edit

2017.07.29 Sat 19:37  |  園主さんにお返事♪

ヒガンバナも 名所の巾着田というところでは
広葉樹林の中に咲いているのですが
田んぼの縁とか川の土手でも群生してますよね。

昔は飢饉に備えてヒガンバナを田んぼの畔などに
植えたようですけど
毒がある球根を食べられるように加工する知恵って
すごいなぁと思います。
もしかしたら キツネノカミソリも移植すれば
あぜ道などでも咲くのかな。。。

深山の花園は個人で整備するには
かなりの広さなので
おそらく山仕事か畑仕事に慣れている方なんでしょうね。
それにしても広葉樹の下とはいえ
雑草を取り除いたりする手間はかなりのものだと思います。
最近は みんなお年寄りばかりになっているので
いつまで続けてもらえるかな~
という所はちょっと不安ですねぇ。

  • #JalddpaA
  • 園長
  • URL
  • Edit

2017.07.31 Mon 02:10  |  

ひがんばな科のお花なんですね。
花の出てき方もそっくりだけど、咲く時期は違うんですね。
個人所有の土地で、こうして見せて頂けるなんてイイですね~。

  • #-
  • なっつばー
  • URL

2017.07.31 Mon 02:14  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2017.07.31 Mon 18:22  |  なっつばーさんにお返事♪

ヒガンバナとキツネノカミソリ、
同じような花だけど 花期がずれているのは
競合しないための知恵なんですかねぇ、
キツネノカミソリが群生している公共の場所は
聞いたことがないので
こうして個人の方の土地で見せてもらえるのは嬉しいです(^^♪
これから こんな形のオープンガーデンが増えるといいですよね。

  • #JalddpaA
  • 園長
  • URL
  • Edit

2017.07.31 Mon 18:24  |  鍵コメさんにお返事♪

そうですかぁ、
ほんとに珍しいものですね~
はい、見かけたらぜひやってみたいです!!
情報 ありがとうございます♪

  • #JalddpaA
  • 園長
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tatazoo.blog67.fc2.com/tb.php/1028-5aca7f9e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

園長

Author:園長
秩父に嫁いで20数年。。。
上武自然公園の中に
家族7人、猫4匹で住んでます。
どうぞよろしく♪

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

楽天お勧め

フリーエリア

カウンター

震災からの復興を願って

被災地に一日も早く笑顔が戻りますように!

20110319210226b10震災

ページランキング

役立たzoo園内人気記事

ブログパーツ

相互リンク新着情報

リンクしていただける方は コメント欄でお知らせくださいね。 相互リンクで 新着情報が出るようにさせていただきまーす♪

お勧めのブログです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

お知らせ

setagayaneko.gif

ご協力をお願いします

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

検索フォーム

フリーエリア

Copyright © 園長