伝えられない夏の山風景

20090720162029.jpg
曇っているのですが 夏の日差しは強いですね。
携帯のカメラでは白っぽく写りました。
(補正かければいいのにねー、携帯からの直送りです)

この時期  山には蝉の声が響き渡ります。
ミンミンゼミもツクツクホウシも もう少し後ですが
明け方と夕方には ヒグラシの涼しげな声が
カナカナと山に沁み入って なんともいえない風情があります。
声がお伝えできないのは残念だなぁ。

この少し上流では 暗くなると蛍が飛んでいるんですよ。
暗闇に音もなく すぅーっと光る蛍はこの世のものではないみたい。
本当に美しい光です。
これも携帯のカメラじゃ写せないのが残念!

それじゃぁ、写せるものを一つ載せましょう。
20090720162038.jpg
大好きな香りの花
八重のコクチナシです。
あっ、しまった。 これも香りが伝えられないじゃん!

関連記事

Comment

2009.07.21 Tue 18:03  |  いいところにお住まいですよね

近いかどうかはっきりしませんが、そちらのほうに「すりばち荘野栗沢温泉」とかって民宿ありますよね。
昔スプリンターに乗ってた当事ダートコースばかり走ってたんで、R299を走破しようとその民宿に予約電話入れたら、こんなところ来ても何にもないよって言われたことがあります。
東京生まれの東京育ちだからこそ、何にもないところへ行きたがるんですけどね・・・
結局行かずじまいでしたが、R299も今ではすっかり舗装されてるんでしょうね。
知らない街をぶらっと訪ねたいものです。

2009.07.22 Wed 09:52  |  

dejavuewardsさん>
カメラもすごいと思ったら車も・・
メカに強いんですねー

すりばち荘って知らなかったんですけど
調べてみたら 確かにあまり遠くないみたいです。
うちは埼玉側なのですが 野栗沢温泉は境を越えて
群馬側なんですね。
いまでもR299は河原沢あたりで よく土砂崩れとか
あるみたいですから 舗装にはなっても
ある意味ドキドキするコースだと思います(笑)

2009.07.22 Wed 20:30  |  

秩父か下仁田から相木へ抜けるには、R299が最短コースで、高速代をケチって考え抜いたコースでした。
浜平鉱泉や三波石が有名ですが、私にしたら難コースの十石峠を走破したいという思いでした。
その当時乗ってたスプリンターは「きまってるね千葉ちゃん」というCMがいまだに記憶に残ってるハッチバックでした。
それを名残惜しく木曽路のドライブを最後に廃車したのが30年ほど前でした。

相互リンクさせていただきましたよ~~~

2009.07.23 Thu 08:19  |  

dejavuewordsさん>
とても個性的で素敵なブログだなぁと思って
勝手にリンクしてしまったのですが
そのあと そちらのランキングバナーをポチッして
ランキングサイトを良く見たら
なんと ランキング1位だったんですねー
大それたことをしてしまったかしら(汗)
と思ったのですが 相互リンクにしてくださったなんて
本当にうれしいです。
ありがとうございます~

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tatazoo.blog67.fc2.com/tb.php/103-8ac1c1ca
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

園長

Author:園長
秩父に嫁いで20数年。。。
上武自然公園の中に
家族7人、猫4匹で住んでます。
どうぞよろしく♪

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

楽天お勧め

フリーエリア

カウンター

震災からの復興を願って

被災地に一日も早く笑顔が戻りますように!

20110319210226b10震災

ページランキング

役立たzoo園内人気記事

ブログパーツ

相互リンク新着情報

リンクしていただける方は コメント欄でお知らせくださいね。 相互リンクで 新着情報が出るようにさせていただきまーす♪

お勧めのブログです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

お知らせ

setagayaneko.gif

ご協力をお願いします

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

検索フォーム

フリーエリア

Copyright © 園長