FC2ブログ

気楽に役立たZOO

山の暮らしと猫3匹 秩父の花や食の情報も♪

TOP >  日記 >  この暑いのに 炭、焼いてます

この暑いのに 炭、焼いてます

20090802095231.jpg
立ち上っているのは炭焼きの煙。
山で防火帯を作るために切りだされた広葉樹などを
焼いています。

炭にして とても火持ちが良いのはナラやクヌギ。
でも同じような葉を持つクリは 
火にくべると木がはぜるので炭や薪には向きません。
「火中の栗を拾う」は危ないことをするという意味の格言ですが
栗は実だけでなく 木もはぜるのです。

でも栗は その木に含まれるタンニンが多いため腐食に強く
昔から家の土台などに使われました。
昔の人は 樹種の個性をとてもよく知っていたのですね。

20090802095239.jpg
これからもっとたくさん焼いてもらいたいなぁと思うのは竹です。
竹は成長が早くて 雑木林を食ってしまいますし
竹林は単一林なので 他の樹種が育つことができないんです。
意外と根が浅いので 地滑りの原因になったりもします。

でもその竹は炭に焼くと すぐに燃え尽きるけど火力がとーっても強いから
炭をよく知っている人は バーベキュー用に欲しがるんですよ。
水や空気を浄化する力も強いし お役立ちです。

木も人間も同じ面だけ比べて こいつはダメだ、役に立たないっていうのは
言ってるほうの目が狭いだけなんですね、きっと。
関連記事

Last Modified : -0001-11-30

園長さんのところで炭焼きしてるんですか? * by dejavuewords
昔軽井沢から小瀬温泉まで歩いたとき、炭焼き小屋を見たことがあります。
長閑な時代だったんですが、それを園長さんのところでやってるとは・・・
冬は猫火鉢で手あぶりですか?

* by ときどきぷろぐらま。
DASH村でも、炭を焼いていたので、
興味深く拝見させていただきました。

竹林は手入れをしないと、大変なことになるらしいですが
成長も早いですものね。
最近では竹布とかもあるみたいですが、せっかく
あるものは有効活用してほしいですね。

* by 園長
dejavuewardsさん>
そうなんです、うちは炭や薪ストーブ用の薪も作ってます。
薪の仕事は私がチェンソー持って自分で始めたんですよ。
外国製の薪ストーブを入れる人が増えたので需要があります。今は会社が引き継いでいます。

炭も 自宅に囲炉裏を作る人とかが増えているんですよ。
料理に使う家もあるし 調湿に使うこともあるみたい。
キャンプ場にも卸しています。
うちでも母屋のこたつで使ってます♪

* by 園長
ときどきぷろぐらま。さん>
竹はすごい勢いで雑木林を飲み込んでしまうので
やっかいなのですが
とても素晴らしい性質を持っているので
考えようによっては 再生スピードの速い資源なんですよね。

私は炭焼きの作業はしないのですが
気候や木の状態によって 出来上がりが変化してしまうそうです。
炭焼きは奥が深い芸術みたいなものですねー

コメント






管理者にだけ表示を許可

園長さんのところで炭焼きしてるんですか?

昔軽井沢から小瀬温泉まで歩いたとき、炭焼き小屋を見たことがあります。
長閑な時代だったんですが、それを園長さんのところでやってるとは・・・
冬は猫火鉢で手あぶりですか?
2009-08-03-23:39 * dejavuewords [ 編集 ]

DASH村でも、炭を焼いていたので、
興味深く拝見させていただきました。

竹林は手入れをしないと、大変なことになるらしいですが
成長も早いですものね。
最近では竹布とかもあるみたいですが、せっかく
あるものは有効活用してほしいですね。
2009-08-04-12:34 * ときどきぷろぐらま。 [ 編集 ]

dejavuewardsさん>
そうなんです、うちは炭や薪ストーブ用の薪も作ってます。
薪の仕事は私がチェンソー持って自分で始めたんですよ。
外国製の薪ストーブを入れる人が増えたので需要があります。今は会社が引き継いでいます。

炭も 自宅に囲炉裏を作る人とかが増えているんですよ。
料理に使う家もあるし 調湿に使うこともあるみたい。
キャンプ場にも卸しています。
うちでも母屋のこたつで使ってます♪
2009-08-04-16:55 * 園長 [ 編集 ]

ときどきぷろぐらま。さん>
竹はすごい勢いで雑木林を飲み込んでしまうので
やっかいなのですが
とても素晴らしい性質を持っているので
考えようによっては 再生スピードの速い資源なんですよね。

私は炭焼きの作業はしないのですが
気候や木の状態によって 出来上がりが変化してしまうそうです。
炭焼きは奥が深い芸術みたいなものですねー
2009-08-04-17:00 * 園長 [ 編集 ]