動物愛護とips細胞

”人が想像できることは、必ず人が実現できる”
           (ジュール・ヴェルヌ)


最近 どこかのCMで聞いたこの言葉は
きっと本当のことだと思います。

京大の山中教授が世界で初めて
ips細胞を作ることに成功した時
私は動物たちが解放される
こんな未来を想像しました。


ips細胞は
もうすでに固定化した役割を初期化して
どんな細胞にも変化させられる技術。
神経とか心筋とかを本人の細胞から
作りだすことができるから 拒絶反応が起こらない。
人間の再生医療に大きな光となる技術。

で、これがなんで動物たちの救いになるかというと
新薬を開発する時 ips細胞によって作りだした
人間の組織を使って調べられるようになるなら
必要悪といわれた動物実験は
「必要」でなくなるわけです。

もともと悪いことだ、可哀想なことだっていう抗議が
いっぱいあったのだから
動物たちは もうすぐ解放される。

痛みと恐怖を味わっていた冷たい蛍光灯の下から
助け出されて
太陽がまぶしい外の世界に出てくることができる。
愛護団体の人たちが
傷の手当てをするため病院に運んだり
もう大丈夫なのだと 優しくなでている風景が浮かびます。

もう少し、あともう少しで これはきっと実現できる。


それとは別に
私が想像している風景が もうひとつあります。
こっちは 少しぶっ飛んでいるのですが
やれば出来るんじゃね?と思ってくれる人が増えれば
きっと出来るじゃないかと思っていることなのです。

それは 食肉を細胞の増殖技術によって
工場で生産すること。
牛や豚や鶏を殺さずに肉を生産すること。

これはもうすでに出来そうなものだけど
無限増殖する細胞というのはガン化にもなるから
人間の体に害を与えないものを作る必要がある。
増殖させるところよりも 安全性を確保するところに
高い技術が必要になるから
やっぱりips細胞の技術開発が出来る日本が
リードして作っていくのがいいのだと思う。

これが出来たなら・・・・
ずっと続いてきた「犬や猫は可哀想だけど
 牛や豚はかわいそうじゃないのか? 殺していいのか?」
という問題にはじめて答えを出すことができる。

肉を食べることと 動物を殺すことを
イコールで結ばなくて良くなるのだ。

(肉自体が人間の体に悪いという意見もありますが
まずは動物を殺さないで食肉を確保するというところからはじめて
多くの人が肉を好まなくなったら
徐々に生産を減らしていくというのが
無理のない方法じゃないかなぁと思います)


畜産を生業としている人々も多いから
ゆっくりとした変更が必要になるだろうし
その業界のボスみたいな人たちはすごく抵抗するだろうけど

豊かな食生活のために畜産を増やせば
もう 人間が食べるのに必要な穀物が確保できない状態だから
異常気象で飢饉が起きたら
政府の主導で一気に方向転換する可能性もあるとおもうのです。

もうこの先は 水と食料が戦争の引き金になったりするから
日本は世界の平和のためにも
新技術による食肉生産を目指してほしい。
それはきっと日本の仕事だ。

どこの国にも認められないし誉められないけど
食料生産の新技術で 
日本が世界中の人を戦争と破滅から救っている様子を
地球の外から見つめて頷いている大きな存在を
私は想像したりも するのです。


人気ブログランキングへ





関連記事

Comment

2009.11.08 Sun 22:47  |  こんにちは

最後の文章、素敵なことですね。
ほんと、そうなったらすばらしい。
というか「想像できたんだからきっと実現するでしょうね」
すばらしい記事を読ませていただき、ありがとうございました。

  • #-
  • 空飛ぶミケ猫
  • URL

2009.11.09 Mon 20:14  |  

空飛ぶミケ猫さん>
空飛ぶミケ猫さんの記事を見て
書かせていただきました。
無謀にもトラックバックを初めてしたのですが
ちゃんと出来たでしょうか。
ご迷惑になっていないか ちょっと心配(^o^;)

日本って自己主張する国からは
ヘタレみたいに思われているでしょうけれど
みんなが幸せになる技術を生み出す力は世界一だ!
と勝手に決めています(笑)

2009.11.10 Tue 21:24  |  

人が想像できることは、必ず人が実現できる

本当です。
ただ 想像力が弱かったり、信じる心が弱いと
方向性が狂うようです。

みんなで想像しましょうよ、
動物を食べるために、殺さなくてもよい世界を。

  • #-
  • ばあば
  • URL

2009.11.11 Wed 13:35  |  

ばあばさん>
この問題は長いこと
私の中で答えがだせなくて
ずーっと、ずーっと 考えていたんですが
今まで答えが見つかりませんでした。

出来るって思ってくれる人が
ひとりでも増えたら嬉しいなぁ。
もちろん この方法じゃなくても構わなくて・・・
とにかく 痛みや苦しみを感じる動物たちに
これ以上負担をかけなくて済むようになりたいです。

2012.10.21 Sun 16:29  |  

iPS細胞はあらゆる可能性を秘めた神からの贈り物かも知れませんね。

2012.10.22 Mon 17:19  |  俊樹さんにお返事♪

コメントありがとうございます!

この記事を書いたのは2009年の11月だから
3年前なのですが
先日 どこでだったか・・・
この辺が私のいい加減なところ(笑)
すでに細胞分裂の方法を使って食肉を作ったという
記事を見ました。

やっぱり人が想像できるものは実現できるんですね~

でも これは既存の職業関係から葬られるかもしれないし
または 体に良い成分も加えられるというのを
悪い人たちに利用されて 人口を減らすのに
使われないとも限らない・・・
人は良いことも悪いことも実現できるのでしょうから。

ips細胞は あらゆる可能性を秘めていて
人間も動物も 苦痛から解放できる素晴らしいもの。
それは神の贈り物といっていいですよね。
でも それをどう使うかは神の責任ではなく
人間の責任であるということを
私たちは肝に銘じなくてはいけないなぁと思います。

  • #JalddpaA
  • 園長
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tatazoo.blog67.fc2.com/tb.php/186-2292c08e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

園長

Author:園長
秩父に嫁いで20数年。。。
上武自然公園の中に
家族7人、猫4匹で住んでます。
どうぞよろしく♪

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

楽天お勧め

フリーエリア

カウンター

震災からの復興を願って

被災地に一日も早く笑顔が戻りますように!

20110319210226b10震災

ページランキング

役立たzoo園内人気記事

ブログパーツ

相互リンク新着情報

リンクしていただける方は コメント欄でお知らせくださいね。 相互リンクで 新着情報が出るようにさせていただきまーす♪

お勧めのブログです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

お知らせ

setagayaneko.gif

ご協力をお願いします

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

検索フォーム

フリーエリア

Copyright © 園長