FC2ブログ

気楽に役立たZOO

山の暮らしと猫3匹 秩父の花や食の情報も♪

TOP >  思うこと >  映画「2012」と防災用品

映画「2012」と防災用品

「2012」が11月21日から公開になります。
約5125年ごとに ひとつの世界が終るという
マヤ・カレンダーの最後の年が2012年に
なっていることをテーマとした映画です。

外国ではもう封切られている国があって
見た方が 映像に驚くと仰っています。
臨場感あふれる大災害シーンというのも
怖いですが・・・

その映画のPRで行われたプレゼントクイズに
過去記事に書いた防災スペシャルショップの
防災セットが 賞品として選ばれていたようです。
過去記事→ 防災用品に 意外に役立つアレ
このセットの中にはいっている 日用品のアレは役に立ちそうで
災害をテーマにした映画のプレゼントには
うってつけですが
プレゼント自体は9月に〆だったんですよね。
開催中にメルマガ くれればいいのにねぇ(泣)

マヤでは 全ての生き物に寿命があるように
世界にも寿命があると考えられていました。
だから 生き物がまた 新しく生まれるように
世界も新生するのであって
全てが無に帰すわけではないというところを
ちゃんと映画で表現してくれればいいなぁと思っています。

1993年から始まった最後のカトゥン(1カトゥンは20年)は
4の時代。 4の数の神は「見えない太陽の神」
透明な戦争の時代という人もいます。
相手が見えないという点ではテロもウィルスとの戦いも
透明な戦争と言えるかもしれません。
たくさんの人の目から隠された真実の暴露や
ある日突然 考えてもみなかったことが起こるかも・・・

でも マヤは滅びることを怖れませんでした。
それを恐れるあまり
古いものにしがみつき 新しく誕生出来ないことを
怖れたのです。

「イン・ショチトル、イン・クイカトル(花と歌)」
高度な石造りの都市を捨て去って彼らは
花(自然)と融和し 歌(芸術)を基とする文明を目指したと
いわれています。

たぶん それは 今の時代を生きる私たちの
ころばぬ先の杖となるのではないでしょうか。



人気ブログランキングへ






関連記事

Last Modified : -0001-11-30

マヤ暦 * by nyaaomi
マヤ文明、天体観測にすぐれ自分たちの暦を作ってしまう。
あの時代にどうして出来るのか・・・。
凄いことだと思います。
興味があり本などを読むとあぁ!と感じる言葉を遺してくれてますね。
2012年、映画館で観たい映画です。^^

* by 園長
nyaaomiさん>
マヤの天体知識はすごかったみたいですね~
本当に あの時代にどうして出来たんでしょう。
不思議すぎますね(@O@)

それにしても 白人がアメリカを発見した時
マヤの記録を燃やしてしまって
原文が残っていないのは残念!
残っていたら もっといろんなことがはっきりしたのにね。
映画、私も観ておきたいです、ちょっと怖いけど(笑)


コメント






管理者にだけ表示を許可

マヤ暦

マヤ文明、天体観測にすぐれ自分たちの暦を作ってしまう。
あの時代にどうして出来るのか・・・。
凄いことだと思います。
興味があり本などを読むとあぁ!と感じる言葉を遺してくれてますね。
2012年、映画館で観たい映画です。^^
2009-11-20-01:40 * nyaaomi [ 編集 ]

nyaaomiさん>
マヤの天体知識はすごかったみたいですね~
本当に あの時代にどうして出来たんでしょう。
不思議すぎますね(@O@)

それにしても 白人がアメリカを発見した時
マヤの記録を燃やしてしまって
原文が残っていないのは残念!
残っていたら もっといろんなことがはっきりしたのにね。
映画、私も観ておきたいです、ちょっと怖いけど(笑)

2009-11-20-20:41 * 園長 [ 編集 ]