FC2ブログ

気楽に役立たZOO

山の暮らしと猫3匹 秩父の花や食の情報も♪

TOP >  読んだ本 >  西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだ

遅ればせながら(いつも流行からはずれているな)
梨木香歩の「西の魔女が死んだ」を読んでみた。

魔女の物語といっても 剣も魔法もでてこない。
いじめで不登校になった女子中学生の孫が
外国人で 田舎の一人暮らしをしている祖母の家に行く。
ただ それだけ。

でもね、自然の中で ていねいに暮らすことが
もうそれだけで 素晴らしい魔法なんだよね。
生きること、死ぬこと。
このおばあさんは暮らしに心をこめることで
女の子をどんなに愛しているか伝えてしまう。
そして女の子が「おばあちゃん 大好き」と言うと
確信を持って答える。
「I  KNOW」 知っているわと・・・
ブログパーツ




魔法を使わないおばあさんは最も上等の魔女なんだ。
未来を予知できないことは
人生のサプライズというプレゼントを受け取るために必要なこと。
上等の魔女はプレ(前もって)セント(送られたもの)を
知っているけれど、忘れることも選べる!

映画ではこのおばあさん役を
あのサイキック女優 シャーリー・マクレーンの
娘さんが演じたそうな。
うーん、適役だ。これ以上の適役はないかも。
ぜひぜひDVDで見てみたい。

園長は こういう田舎暮らしにあこがれたのに
何をどこで間違えたのだろー
変だな、いまだに自分の庭も持てないぞ。。。
上等の魔女さん どうぞカボチャの馬車で
園長を お城に連れて行ってくださいな。
あれ、ちょっと待て、それも道が違うような気がするなー
関連記事

Last Modified : -0001-11-30

コメント






管理者にだけ表示を許可