「マドレーヌといぬ」よみきかせ

今日は小学2年生のクラスで
絵本のよみきかせをしてきました。

読んだのは ルドウィッヒ・ベーメルマンスの
「マドレーヌといぬ」
小さな寄宿学校で暮らす元気な女の子マドレーヌを
主人公にした マドレーヌシリーズの2冊目です。





元気すぎて川に落ちてしまったマドレーヌを
助けてくれた勇敢な犬は寄宿学校の人気者になりますが
学校検査に来た評議委員たちに見つかって
追い出されてしまいます。

こんな雑種犬を可愛がるなんて良い子女の品が下がるという
委員長の言葉に
「あなたには てんばつが下りますから!」と言い返すマドレーヌ。
確かに 子供は大人しくかわいらしく・・・という理想には
程遠いけれど 読んでいてちょっと胸がすっきり(笑)

評議委員が帰ってから 優しいミス・クラベル先生は
生徒たちを連れて犬を探しにいきます。
簡略化された絵ながらもパリの街の描写が素敵!
そして
やっと帰ってきた犬と その驚きの結末♪


作者のルドウィッヒ・ベーメルマンスは
人生のはじめのほうから苦労をしてきた人らしく
独学ながら絵にはほのぼのとした味があります。

アメリカ最高の絵本賞、コールデコット賞を受賞している
この「マドレーヌといぬ」
訳文も少し古い日本語の良さを十分に感じられる
リズムの良いものになっています。


人気ブログランキングへ




関連記事

Comment

2010.03.03 Wed 13:25  |  

園長さん、読み聞かせをされているんですね。
そういう地域に貢献する事をされている方って
尊敬します。

この本、なんだか私も読んでみたくなりました。

2010.03.03 Wed 21:11  |  

うりさん>
私は小さいころは ほとんど絵本を読んだ記憶がないし
ここにきてからも忙しくて
自分の子供たちに本を読んでやる余裕がなかったんですよ~

でも 絵本っていろんなのがあって
楽しいんだなぁって近頃思うようになりました。
小学生相手でも緊張しちゃうけどね(^o^;)
一回ずつ 反応が違うので面白いよ。
機会があったらぜひ 読み聞かせやってみてくださいね♪

2010.03.05 Fri 19:57  |  

とってもなつかしい本!
子供の頃に、叔父からもらった本です。
なんだかお気に入りで未だに大事にしています。

絵本の中の子供たちの反応がとても子供らしくて好きです^^

「マドレーヌといぬ」はシリーズ2作目だったんですね!
知らなかった~

今度1作目も探してみよっと♪

お邪魔しました~^^

  • #-
  • ぱぴぐると
  • URL

2010.03.06 Sat 19:35  |  Re: タイトルなし

ぱぴぐるとさん>
コメント有難うございます!
うちも大人数だけどぱぴぐるとさんちも大人数なんですね~
人と猫の数を足し算したら うちとぱぴぐるとさんちは同数でした。
お互いいまどき珍しい大所帯ですね♪

マドレーヌといぬを選んでくれるなんて
叔父さんは とても素晴らしい感性の方なんですね。
私もこの絵本の中の子供たちの反応が子供らしくて素敵だなぁと思います。

その本をいつまでも大切にしているぱぴぐるとさんも素敵ですね~!

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tatazoo.blog67.fc2.com/tb.php/272-9a436f7c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

園長

Author:園長
秩父に嫁いで20数年。。。
上武自然公園の中に
家族7人、猫4匹で住んでます。
どうぞよろしく♪

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

楽天お勧め

フリーエリア

カウンター

震災からの復興を願って

被災地に一日も早く笑顔が戻りますように!

20110319210226b10震災

ページランキング

役立たzoo園内人気記事

ブログパーツ

相互リンク新着情報

リンクしていただける方は コメント欄でお知らせくださいね。 相互リンクで 新着情報が出るようにさせていただきまーす♪

お勧めのブログです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

お知らせ

setagayaneko.gif

ご協力をお願いします

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

検索フォーム

フリーエリア

Copyright © 園長