FC2ブログ

気楽に役立たZOO

山の暮らしと猫3匹 秩父の花や食の情報も♪

TOP >  日記 >  名は体を表す

名は体を表す

さっき 気まぐれcatsの徒然日記の蘭さんのところで
飼い猫の のあちゃんが 蜘蛛を獲ってくれるという記事
HUNTER×HUNTERを読んだ時
そういえば。。。って思いだしたんですけど
うちにも出るんですよね~、それも超巨大なやつが。

はじめ見た時は本気でタランチュラかと思った
その蜘蛛の名前はアシダカグモっていうらしい。
足を広げるとCDと同じくらいの大きさがあるんだから
壁に張り付いているのを見つけると ドキッとする。
でもね~
外見とうらはらに大人しくて毒もない蜘蛛らしいのよ。

それを追いかけまわして殺すのもなぁ。。。
と 思案した私が出した答えは




「名前を付ける」でした。
はあっ?? (*゚д゚*||)

いやいや、だから「名前を付ける」よ。
ほら、名は体を表すっていうじゃない?
だから反対にかわいい名前を付けちゃえば
実物も怖くなくなるかもしれないじゃん。  という発想。
(注:これは外見が怖いけど実害はないもの限定の方法です。
 まちがってもストーカーをスーちゃんなんて呼んで慣れてはいけません)
そこで
うちの巨大蜘蛛は「カレンちゃん」と呼ばれております。
一匹なのか 入れ替わりに他のを見ているのか
蜘蛛の区別はつきませんが 彼らはとりあえず「カレンちゃん」

しかし調べてみたら このカレンちゃん
すごい益虫だった!
ゴキブリを捕食する専門のハンターだったのよ~
ゴキブリって薪の中にスイートホームを築いていることが
意外に多い(木の洞の狭くて暗くて暖かいのが好きらしい)
その薪を持ってきてしまうと 家の中にも入るので
カレンちゃんはそれを捕食してくれていたわけなのね。

ゴキブリに悩んでいる全国の皆様
ぜひ一家に一匹 アシダカグモを・・・
って、ゴキブリと巨大蜘蛛はどちらが我慢できるかって言う話だけど(笑)

この巨大蜘蛛を恐れる人のための解説ページを見つけました。
すっごいユーモラスで笑えます。
一文を紹介すると

アシダカグモは、とても臆病なクモです。
振動で世界を感知しているクモたち一般は、離れたところにいるあなたの姿を認識することはできません。
影に怯えて逃げるか、どこに「恐ろしく巨大な敵・人間」がいるかわからず、走り回って逃げ惑うのみ。
たまたまあなたの方向に向かってきてしまうこともあるでしょう。でも、それは襲ってきたわけではなく、
闇クモに逃げ惑っている姿なのです。まずは、高等生物としてのヒトのプライドを保ちましょう。


こんな感じで心構えを説いてくれてます。
ヒマがあったら読んでみてね(^o^)/

アシダカグモ

http://mirukashihime.cool.ne.jp/asidaka.htm



人気ブログランキングへ





関連記事

Last Modified : -0001-11-30

こんばんは~~♪ * by 蘭
きゃ~~! 園長さんのブログで私の名前が~~(*^^*)
しかも、ブログ記事の紹介までして頂いてる~~♪
うれぴ~~(>▽<)

って、「クモの話題」なのね^^;

そうなんですよね~。
クモはゴッキーを食べてくれる「益虫」ではあるんです。
わかってるんですよ~、わかってるんです、それは。
でも・・・・・・でもっ!!

む~~り~~~(T T)(フルーツポンチの村上風に)

>ゴキブリと巨大蜘蛛はどちらが我慢できるかって言う話だけど(笑)

もう、「究極の選択」ですよね^^;
悩んで悩んで・・・答えが出ない・・・・(; ;)
高等生物としてのプライドが保てそうにありません~~~(号泣)。

カレンちゃん、これからの時期は大活躍ですね♪
(い~~~や~~~~~・泣)

* by petero k
こんばんは。
園長さん、昨日は春祭り、お疲れ様でした。

カレンちゃん、我が家にもよく遊びに来てくれますよ。
何しろ、裏が林ですから・・・ 何でもござれ状態です~
私は、虫は全く恐くないので平気なんですが、
娘が、ギャーと叫んだ時は、大抵、そこにカレンちゃんが・・・。

それにしても、名前をつけるとは、グッドアイデアですね。 
名前で呼ぶだけで、不思議と愛着が湧いてきますものね。 
ゴキブリを食べてくれるなら、なおさら優遇しなくては・・ネ。
いつもいろんな事を教えていただいてありがとう♪

* by ぴゆう
羽釜は残念無念でござった。
それよりお疲れさまでした。
園長さんはすごいよね。

カレンちゃんか、うちも蜘蛛はいるいる。
だけどそんなにご立派なのは見ないなぁ。
ちっこいのばっかり、
でも、殺す事より共存だにぃ(^^)

こんにちは! * by ryu
ゴキブリをやっつけてくれるクモさんはいい子なのですね。
何よりもゴキブリが嫌いです。
それ以外の虫は多分大丈夫のような気がします。
あぁムカデはイヤです。
クモさんにカレンちゃん。
愛着もわきますね。

逆転の発想ですね・・・ * by dejavuewords
ついこないだ早くもゴキブリが出現し、いやな季節が来たと思ったものです。
外猫にはいい季節なんですが・・・
名前をつける気になりませんが、見るのもいやなので隅っこへ追い込むのがやっとでした。

* by モラ家丁稚
うひーー!園長さんの発想の豊かさは
そんなところまでっ。
その蜘蛛、実家にて発見したことある。でかかったよ!
まだか弱い高校生だったから、お外に行ってもらいました。
ゴキvsクモ…悩む。悩むが、やはりゴキに退散してもらいたい。
カレンちゃんはまだお住まいなのですね(´▽`)

* by 園長
蘭さん>
蘭さんのおうちに出た蜘蛛は もっと小さいやつだったでしょうね。
でも 勇敢な のあ嬢はきっと
巨大蜘蛛でも戦ったことと思います(笑)

旦那さま以外 みんな虫が嫌いとなると
のあちゃんに頼むしかないよねぇ。
うちの娘も 夏になると涙目で虫と戦ってるよ(^O^;)

うちはムカデレーダーくぅもいるんだけど
見つけるだけで獲ってくれないからね~

* by 園長
petero kさん>
petero kさんのお宅にもでますか、カレンちゃん。
うちもそうですけど
なんで母親より娘のほうが虫に弱いんでしょうね。
うちなんか 私は市街地の育ちで 娘はここで育ったのに
私のほうが虫に強いのよ~
私もさすがに毛虫とムカデは苦手だけどね。

でも娘がぎゃーぎゃー言ってカレンちゃんを追い払うから
夜中にG(ゴッキー)と戦うはめになるんだと思うんだけどなぁ・・・
自然ってホント良くできてるんだわねぇ。

* by 園長
ぴゆうさん>
きっとぴゆうさんちには 餌になるゴッキーが
あまりいないんだよ。
カレンちゃんはゴッキーハンターだから・・・

うち、他にもいろんな種類の蜘蛛がいてさ、
夏にアブをとってくれる奴も親友だと思ってる。
でも 毎日顔にひっかかる高さに巣を張るのは
やめてほしいな(笑)

ぴゆうさんちの蜘蛛さんたちも
小さい虫とか獲ってくれてるんだね~

* by 園長
ryuさん>
ムカデは噛まれると すっごく痛いみたい。
大きいのは紫に腫れるって言ってました。
私は1寸ムカデに噛まれたことがあるんだけど
小さくても痛かったよ~(泣)

ここはドアを開けると 上からムカデが降ってくることもある
ホラーな場所なので
梅雨時は特に注意です。

あのね、ムカデって逃げるの早いじゃない。
私はカーペットを掃除するコロコロの粘着ペーパーで取るの。
何かではさむより確実だよ。

* by 園長
dejavuewordsさん>
今年の春は異常に気温が低い日が多かったから
外猫たちは暖かい日を心待ちにしていたでしょうね~
やっと夜も寒くなく寝られる時期が来て本当に良かったわ。
出来れば 寒い時期も避難できるお家があるといいけどね。

ゴッキーを隅に追いやったら また出てきません?
夜中に出てこられるのが一番迷惑だよね(ToT)

* by 園長
丁稚さん>
ご実家にはカレンちゃんが駐在していたのですね。
強い味方なのですが ちょっと容姿に驚きますよね~

カレンちゃんは ゴッキーの出ない時期は
休眠しているみたいです。
で、数年生きて越冬するらしいよ。
今年はまだ出てきてないけど そのうちひっそりと
壁に張り付いている姿が見られるでしょう(笑)
しかし、大きな姿でひっそりと出現されるのが一番怖い・・・

コメント






管理者にだけ表示を許可

こんばんは~~♪

きゃ~~! 園長さんのブログで私の名前が~~(*^^*)
しかも、ブログ記事の紹介までして頂いてる~~♪
うれぴ~~(>▽<)

って、「クモの話題」なのね^^;

そうなんですよね~。
クモはゴッキーを食べてくれる「益虫」ではあるんです。
わかってるんですよ~、わかってるんです、それは。
でも・・・・・・でもっ!!

む~~り~~~(T T)(フルーツポンチの村上風に)

>ゴキブリと巨大蜘蛛はどちらが我慢できるかって言う話だけど(笑)

もう、「究極の選択」ですよね^^;
悩んで悩んで・・・答えが出ない・・・・(; ;)
高等生物としてのプライドが保てそうにありません~~~(号泣)。

カレンちゃん、これからの時期は大活躍ですね♪
(い~~~や~~~~~・泣)
2010-05-04-21:38 * 蘭 [ 編集 ]

こんばんは。
園長さん、昨日は春祭り、お疲れ様でした。

カレンちゃん、我が家にもよく遊びに来てくれますよ。
何しろ、裏が林ですから・・・ 何でもござれ状態です~
私は、虫は全く恐くないので平気なんですが、
娘が、ギャーと叫んだ時は、大抵、そこにカレンちゃんが・・・。

それにしても、名前をつけるとは、グッドアイデアですね。 
名前で呼ぶだけで、不思議と愛着が湧いてきますものね。 
ゴキブリを食べてくれるなら、なおさら優遇しなくては・・ネ。
いつもいろんな事を教えていただいてありがとう♪
2010-05-04-22:05 * petero k [ 編集 ]

羽釜は残念無念でござった。
それよりお疲れさまでした。
園長さんはすごいよね。

カレンちゃんか、うちも蜘蛛はいるいる。
だけどそんなにご立派なのは見ないなぁ。
ちっこいのばっかり、
でも、殺す事より共存だにぃ(^^)
2010-05-04-22:09 * ぴゆう [ 編集 ]

こんにちは!

ゴキブリをやっつけてくれるクモさんはいい子なのですね。
何よりもゴキブリが嫌いです。
それ以外の虫は多分大丈夫のような気がします。
あぁムカデはイヤです。
クモさんにカレンちゃん。
愛着もわきますね。
2010-05-05-11:37 * ryu [ 編集 ]

逆転の発想ですね・・・

ついこないだ早くもゴキブリが出現し、いやな季節が来たと思ったものです。
外猫にはいい季節なんですが・・・
名前をつける気になりませんが、見るのもいやなので隅っこへ追い込むのがやっとでした。
2010-05-05-12:29 * dejavuewords [ 編集 ]

うひーー!園長さんの発想の豊かさは
そんなところまでっ。
その蜘蛛、実家にて発見したことある。でかかったよ!
まだか弱い高校生だったから、お外に行ってもらいました。
ゴキvsクモ…悩む。悩むが、やはりゴキに退散してもらいたい。
カレンちゃんはまだお住まいなのですね(´▽`)
2010-05-05-16:56 * モラ家丁稚 [ 編集 ]

蘭さん>
蘭さんのおうちに出た蜘蛛は もっと小さいやつだったでしょうね。
でも 勇敢な のあ嬢はきっと
巨大蜘蛛でも戦ったことと思います(笑)

旦那さま以外 みんな虫が嫌いとなると
のあちゃんに頼むしかないよねぇ。
うちの娘も 夏になると涙目で虫と戦ってるよ(^O^;)

うちはムカデレーダーくぅもいるんだけど
見つけるだけで獲ってくれないからね~
2010-05-05-20:15 * 園長 [ 編集 ]

petero kさん>
petero kさんのお宅にもでますか、カレンちゃん。
うちもそうですけど
なんで母親より娘のほうが虫に弱いんでしょうね。
うちなんか 私は市街地の育ちで 娘はここで育ったのに
私のほうが虫に強いのよ~
私もさすがに毛虫とムカデは苦手だけどね。

でも娘がぎゃーぎゃー言ってカレンちゃんを追い払うから
夜中にG(ゴッキー)と戦うはめになるんだと思うんだけどなぁ・・・
自然ってホント良くできてるんだわねぇ。
2010-05-05-20:20 * 園長 [ 編集 ]

ぴゆうさん>
きっとぴゆうさんちには 餌になるゴッキーが
あまりいないんだよ。
カレンちゃんはゴッキーハンターだから・・・

うち、他にもいろんな種類の蜘蛛がいてさ、
夏にアブをとってくれる奴も親友だと思ってる。
でも 毎日顔にひっかかる高さに巣を張るのは
やめてほしいな(笑)

ぴゆうさんちの蜘蛛さんたちも
小さい虫とか獲ってくれてるんだね~
2010-05-05-20:25 * 園長 [ 編集 ]

ryuさん>
ムカデは噛まれると すっごく痛いみたい。
大きいのは紫に腫れるって言ってました。
私は1寸ムカデに噛まれたことがあるんだけど
小さくても痛かったよ~(泣)

ここはドアを開けると 上からムカデが降ってくることもある
ホラーな場所なので
梅雨時は特に注意です。

あのね、ムカデって逃げるの早いじゃない。
私はカーペットを掃除するコロコロの粘着ペーパーで取るの。
何かではさむより確実だよ。
2010-05-05-20:30 * 園長 [ 編集 ]

dejavuewordsさん>
今年の春は異常に気温が低い日が多かったから
外猫たちは暖かい日を心待ちにしていたでしょうね~
やっと夜も寒くなく寝られる時期が来て本当に良かったわ。
出来れば 寒い時期も避難できるお家があるといいけどね。

ゴッキーを隅に追いやったら また出てきません?
夜中に出てこられるのが一番迷惑だよね(ToT)
2010-05-05-20:32 * 園長 [ 編集 ]

丁稚さん>
ご実家にはカレンちゃんが駐在していたのですね。
強い味方なのですが ちょっと容姿に驚きますよね~

カレンちゃんは ゴッキーの出ない時期は
休眠しているみたいです。
で、数年生きて越冬するらしいよ。
今年はまだ出てきてないけど そのうちひっそりと
壁に張り付いている姿が見られるでしょう(笑)
しかし、大きな姿でひっそりと出現されるのが一番怖い・・・
2010-05-05-20:38 * 園長 [ 編集 ]