タマFIVの予防接種

昨日 タマの予防接種に行ってきました。
うちのシャオは猫エイズのキャリアなので
唯一 シャオとバトルするタマだけは
FIVの予防接種をしています。

不活化ワクチンの危険性と
病気になる確率を天秤にかけたら
うちの場合 注射したほうがいいなっていう判断なのですが
やっぱり心配・・・

今の不活化ワクチンは
稀にではあっても、肉腫を起こす危険性があるそうなので
早く もっと安全なものができるといいな~と思います。
なにせ 毎年打っている7種混合も不活化ワクチンだからねぇ。
(猫白血病ワクチンが入っているものは全部 不活化ワクチン)

人間用のインフルエンザワクチンなどにも
オイルアジュバント(免疫増強剤)を使ったものが出てきているので
安全性の確保はかなり緊急課題のはず。

オイルアジュバントだから副作用が強いとか,
副作用が強いから免疫増強作用が強いのではなくて
オイルアジュバント中の副作用を発現する成分や
物理化学的構造を除去することが可能らしいから あとは
世論が開発をせっつくだけだろうと思う。

ただ、人間用には安全性を高めても
動物用となると「安い原価で利益を上げちゃおう」なんていう
ゆるい考えが まかり通ってしまうこともあるから
きちんと調べて指導してくれる機関があるといいのにね。
関連記事

Comment

2010.07.12 Mon 21:28  |  

なんでも、後回し。

注射針だって、太いしさ。

何で歯医者で使うようなのを使用してくれないのかな。

子達の方が余程小さいのにさ。

まったく。

  • #-
  • ぴゆう
  • URL

2010.07.12 Mon 23:40  |  予防注射

ですよね、
やはり 猫も 大切に 扱ってほしいです
きょう 何時もの 定期健診に 行って来たばかりで
良いDrと そうでないDrは 気分的にも
大ちがい(≧д≦)

2010.07.13 Tue 01:45  |  

そうですよね。
動物ってどうも人間のおまけみたいな
薬や治療がまだまだ多い気がします。
もっと優しい治療が出来るようになって欲しいですよね。

2010.07.13 Tue 20:48  |  ぴゆうさんにお返事♪

> なんでも、後回し。
> 注射針だって、太いしさ。
> 何で歯医者で使うようなのを使用してくれないのかな。
> 子達の方が余程小さいのにさ。
> まったく。

言葉をしゃべれない動物たちに
どのくらい配慮できるかってところは 
国の文化のバロメーターだと思うんだ。
日本の 「まだまださ」が際立っていて残念だよね~

痛いって言わないから 痛くないっていうわけじゃないんだもんね。

2010.07.13 Tue 20:52  |  みかんさんにお返事♪

> ですよね、
> やはり 猫も 大切に 扱ってほしいです
> きょう 何時もの 定期健診に 行って来たばかりで
> 良いDrと そうでないDrは 気分的にも
> 大ちがい(≧д≦)

     同じ獣医さんでも 考え方って開きがあるから
     本当に動物が好きで大事にしてくれる先生に
     見てもらいたいですよね~
     うにたんも持病があるから 病院とは付き合いが
     多いでしょうから 余計にね。
     うちも病院とは縁が切れそうにないわ(^o^;)>

2010.07.13 Tue 20:59  |  うりさんにお返事♪

> そうですよね。
> 動物ってどうも人間のおまけみたいな
> 薬や治療がまだまだ多い気がします。
> もっと優しい治療が出来るようになって欲しいですよね。

     そうなの、なんか薬もある程度の安全性を
     確保しているのか不安になるくらい・・・
     これだけペットが増えているのだから
     どんどん研究を進めて 良い治療にしてもらいたいですね~
     

2010.07.13 Tue 22:04  |  

人間の薬を動物に使い回す
小さい体には負担も大きいはずなのにね
人と同じ薬を量を減らして使うってことは
残った薬は廃棄処分されたりってこともある
動物用にちゃんとした薬を作ってくれれば
経済的な負担もかなり減るんだけどな

色々と難しいね

  • #-
  • バケ
  • URL

2010.07.13 Tue 22:43  |  

園長さんは詳しいですね。
キノタラチのワクチンがコレでいいのか、
ちょっと考えていたところなんですよ。

人間に使うお薬は、動物でいろいろとお試ししてから
最後人間でお試しだけど、動物用は動物止まりで
臨床試験はないだろうからなぁ。
人間用は、ネズミ→犬、猫、豚などなど→やれれば霊長類→人間。
だから人間用を動物に使用するのは、それなりに理にかなっていると思います。
でも最近認可を早くするためにネズミ→人間ですっとばす案も
出ているのです。私は反対。
体内動態が違うから、サリドマイドの二の舞になる。
動物に感謝してお薬を使わせてもらうのです。

2010.07.14 Wed 15:52  |  バケさんにお返事♪

> 人間の薬を動物に使い回す
> 小さい体には負担も大きいはずなのにね

     動物と人間だと作用がかなり違いますよね。

> 人と同じ薬を量を減らして使うってことは
> 残った薬は廃棄処分されたりってこともある
> 動物用にちゃんとした薬を作ってくれれば
> 経済的な負担もかなり減るんだけどな

     うんうん、経済的な負担
     ペットは公的な保険がないから大きい!
ずっとお医者さんにかかる必要のあるコの場合
     何十万っていうお金がすぐに飛んでいくもの。
     うちもいつ そうなるかわからないなぁ。

> 色々と難しいね

     本当にね・・・
     決断しても それが良かったのか
     ずっと悩むことも多いです(ToT)    

     

2010.07.14 Wed 16:03  |  丁稚さんにお返事♪

> 園長さんは詳しいですね。
> キノタラチのワクチンがコレでいいのか、
> ちょっと考えていたところなんですよ。

     あんまり詳しくはないんだけど
     ネット上に情報がいろいろ出てるからさぁ。
     その情報がどのくらい正しいのか
     判断つかないことのほうが多いけどね(^o^;)

          
     丁稚さんちは どのワクチン使っているのかな?

> 人間に使うお薬は、動物でいろいろとお試ししてから
> 最後人間でお試しだけど、動物用は動物止まりで
> 臨床試験はないだろうからなぁ。

     そうなんですよね、
     しかも 医療ミスで訴えられることは人間より
     少ないだろうから 安全性がどうなのか ちょっと不安なの。

> 人間用は、ネズミ→犬、猫、豚などなど→やれれば霊長類→人間。
> だから人間用を動物に使用するのは、それなりに理にかなっていると思います。
> でも最近認可を早くするためにネズミ→人間ですっとばす案も
> 出ているのです。私は反対。
> 体内動態が違うから、サリドマイドの二の舞になる。
> 動物に感謝してお薬を使わせてもらうのです。

     安全性は大事だよね~
     ただ このオイルアジュバントを使った薬は
     肉芽腫の危険性があるから 動物用には使っても
     人間には使われてなかったらしい。
     それが 新型インフルや子宮頸ガンのワクチンには使われていると・・
     今までの薬とは反対に 人間用を動物にもじゃなくて
     動物には使っていたものを人間にもっていうことみたい。
     人間用にも使われて 安全性が高まるなら
     それを今度は動物に使ってくれればいいんだけどね。

     うーん、難しい問題です。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tatazoo.blog67.fc2.com/tb.php/386-0994fb28
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

園長

Author:園長
秩父に嫁いで20数年。。。
上武自然公園の中に
家族7人、猫4匹で住んでます。
どうぞよろしく♪

最新記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

楽天お勧め

フリーエリア

カウンター

震災からの復興を願って

被災地に一日も早く笑顔が戻りますように!

20110319210226b10震災

ページランキング

役立たzoo園内人気記事

ブログパーツ

相互リンク新着情報

リンクしていただける方は コメント欄でお知らせくださいね。 相互リンクで 新着情報が出るようにさせていただきまーす♪

お勧めのブログです

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

お知らせ

setagayaneko.gif

ご協力をお願いします

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

検索フォーム

フリーエリア

Copyright © 園長