FC2ブログ

気楽に役立たZOO

山の暮らしと猫3匹 秩父の花や食の情報も♪

TOP >  日記 >  花の見ごろ

花の見ごろ

DVC00119.jpg
つい数日前に撮った大輪の牡丹。
やっときれいに開いたなぁと思ったのも束の間
その後 降り続いた雨に花びらが落ちてしまいました。

今年は桜も咲くまでが長かった割に 2~3日で散ってしまったし
桜より長く咲くはずの牡丹もわずか数日(泣)
羊山の芝桜も せっかくの連休には傷みがでていたのではないかなぁ・・・
花がきれいな時期はほんのわずかですねぇ。

でもね、昔何かで読んだもののなかに書いてあったのですが(あやふやでスミマセン)
ある人が尼寺の尼僧に電話をして
「お宅の寺の梅の花はいつが見頃ですか?」と聞いたそうなんですね、
そうしたら その尼さんが
「満月だけが月ではないように 
 花も盛りだけが見頃ではございません。
 梅は見る者の心によっては いつでも見頃でございます」

と答えたそうなんです。
人によってはむっとするかもしれないね、なんだよっ教えないのか ケチって。

でも
うーん、いいなぁ、園長には一生言えないセリフだけどさっ
厳冬の梅の枝ぶりをしっかり見てきた人は 
きっと見えない根にも思いを馳せることが出来て
そんな人だけが 本当に花の美しさを理解するのかもね。

人間 いつまでも花の盛りだけにこだわってないで
葉が散った後の枝ぶりが 見事だねぇって言われるように生きられたらいいねー
あと10万年くらいあれば なんとかって
その頃には 化石だな(笑)
 
関連記事

Last Modified : -0001-11-30

* by 初絵
はじめまして
いつも楽しく見させてもらっています

素敵な話ですね
視野が広がっていきそうな気がします
ありがとうございました

またお邪魔させてもらいます

こんばんは * by 空飛ぶミケ猫
ちょっと耳が痛いかな…
人生折り返しを過ぎて、
花の盛りにはない別の魅力を持っていきたいものだと思っています。
ただ、長く生きながらえるのではなく、散り様も大切かもしれませんね。
…何だか暗いようなお話ですみません。
でもこの頃、そんなことを考えていたもので…

深いですね。 * by ときどきぷろぐらま。
つぼみの桜を見て、春の訪れを感じ、
満開の桜を見て、心躍らせ、
散り際の桜を見て、さみしさを感じて。

新緑の桜の枝ぶりは、また、初夏の訪れを感じて。

四季の移ろいがある、日本ならではですね

* by 園長
初絵さん>
いらっしゃいませ~(^o^)
コメントいただいてすごく嬉しいですっ

この話を素敵だと言ってくださる初絵さんには
きっと尼僧さんの言葉に共鳴する心の豊かさがあるのですねー
そんな方々に来てもらえるなんで幸せだなぁ・・・
有難うデス!

* by 園長
空飛ぶミケ猫さん>
散り様・・・そうなのですよね、大事なのは散り様。
でも その大事なことが本人の自由にならないところに問題があるというか
大きな意図を感じるというか(=_=)
でなけりゃ 巣鴨のとげぬき地蔵はあそこまで
繁盛しないですもんね。

桜のようにぱっと美しく散れなかったら
あっ、自分はあじさいだったんだな、しょうがないから
ドライフラワーでも目指すか・・・みたいな考え直しもアリかなぁと
思うんですよねぇ。

* by kaori
こんばんはi-194

尼さんええことゆうなぁ~i-185
その通りi-199だと思います。
確かに見頃ろ(満開)を逃すことはできませんが、いつでも一生懸命生きて美しい姿をしていますよね。
自分が育てている植物なら尚更です。

園長さんのコメントはいつも深いです...
考えさせられます...
勉強になるなぁ~

* by 園長
ときどきぷろぐらま。さん>
日本っていいですよねー 
自然のやさしさ、繊細さが そのまま人になってますよね。

芽吹いた若葉の色をあらわすにも 外国はイエローグリーンしかないけど 
日本の芽吹きは一色じゃないよなと思って調べたら
鶸色(ひわいろ)、若葉色、裏葉色(うらはいろ)、錆青磁(さびせいじ)など 
ちゃんとすべての緑があるので驚きました。
これを判別できた昔の日本人は偉かったね(笑)

* by 園長
kaoriさん>
いつも有難うデス!

kaoriさんが育てている植物たちは 存在を認めてもらって
すごく幸せだと思うなぁ。
一生懸命生きてるね、きれいだよーって愛情をかけてもらえるのは
植物だって きっとわかる。
花の美しさは その見えないものの総量で決まるのかもね。


コメント






管理者にだけ表示を許可

はじめまして
いつも楽しく見させてもらっています

素敵な話ですね
視野が広がっていきそうな気がします
ありがとうございました

またお邪魔させてもらいます
2009-05-07-21:36 * 初絵 [ 編集 ]

こんばんは

ちょっと耳が痛いかな…
人生折り返しを過ぎて、
花の盛りにはない別の魅力を持っていきたいものだと思っています。
ただ、長く生きながらえるのではなく、散り様も大切かもしれませんね。
…何だか暗いようなお話ですみません。
でもこの頃、そんなことを考えていたもので…
2009-05-07-21:40 * 空飛ぶミケ猫 [ 編集 ]

深いですね。

つぼみの桜を見て、春の訪れを感じ、
満開の桜を見て、心躍らせ、
散り際の桜を見て、さみしさを感じて。

新緑の桜の枝ぶりは、また、初夏の訪れを感じて。

四季の移ろいがある、日本ならではですね
2009-05-08-12:38 * ときどきぷろぐらま。 [ 編集 ]

初絵さん>
いらっしゃいませ~(^o^)
コメントいただいてすごく嬉しいですっ

この話を素敵だと言ってくださる初絵さんには
きっと尼僧さんの言葉に共鳴する心の豊かさがあるのですねー
そんな方々に来てもらえるなんで幸せだなぁ・・・
有難うデス!
2009-05-08-19:46 * 園長 [ 編集 ]

空飛ぶミケ猫さん>
散り様・・・そうなのですよね、大事なのは散り様。
でも その大事なことが本人の自由にならないところに問題があるというか
大きな意図を感じるというか(=_=)
でなけりゃ 巣鴨のとげぬき地蔵はあそこまで
繁盛しないですもんね。

桜のようにぱっと美しく散れなかったら
あっ、自分はあじさいだったんだな、しょうがないから
ドライフラワーでも目指すか・・・みたいな考え直しもアリかなぁと
思うんですよねぇ。
2009-05-08-19:59 * 園長 [ 編集 ]

こんばんはi-194

尼さんええことゆうなぁ~i-185
その通りi-199だと思います。
確かに見頃ろ(満開)を逃すことはできませんが、いつでも一生懸命生きて美しい姿をしていますよね。
自分が育てている植物なら尚更です。

園長さんのコメントはいつも深いです...
考えさせられます...
勉強になるなぁ~
2009-05-08-20:10 * kaori [ 編集 ]

ときどきぷろぐらま。さん>
日本っていいですよねー 
自然のやさしさ、繊細さが そのまま人になってますよね。

芽吹いた若葉の色をあらわすにも 外国はイエローグリーンしかないけど 
日本の芽吹きは一色じゃないよなと思って調べたら
鶸色(ひわいろ)、若葉色、裏葉色(うらはいろ)、錆青磁(さびせいじ)など 
ちゃんとすべての緑があるので驚きました。
これを判別できた昔の日本人は偉かったね(笑)
2009-05-08-20:22 * 園長 [ 編集 ]

kaoriさん>
いつも有難うデス!

kaoriさんが育てている植物たちは 存在を認めてもらって
すごく幸せだと思うなぁ。
一生懸命生きてるね、きれいだよーって愛情をかけてもらえるのは
植物だって きっとわかる。
花の美しさは その見えないものの総量で決まるのかもね。

2009-05-08-20:41 * 園長 [ 編集 ]