FC2ブログ

気楽に役立たZOO

山の暮らしと猫3匹 秩父の花や食の情報も♪

TOP >   >  足りないのは猫だった

足りないのは猫だった

<はじめに>
この記事に使わせていただいたのは
 ダビンチやダリの名画と
 ロシアのアーティスト
 スヴェトラーナ・ペトロワさんという方の
 アート作品です。
 もし掲載不可の場合は記事を削除いたしますので
 ご連絡お願いします。
 


ということで もしかしたら
削除になるかもしれないんですけど
とっても楽しい絵を見つけたので
どうしても みんなに見てもらいたかったの(*^。^*)


さて、下の絵画は知らない人はまずいない
有名な「モナリザ」です。
不思議な魅力のある絵ですよね。
davinci_monalisa002.jpg

↓そしてこれはスヴェトラーナさんが作った
 アート作品なのですが
 猫、めちゃめちゃ馴染んでないですか?
 あれ、最初から居たよね?!くらい馴染んでて
 しかも存在感がハンパないという・・・
 Leonardo_Mona_Lisa_cat_sm2.jpg


それではここでもう一度
元の「モナリザ」を見てみましょう。
何か物足りない気がしませんか?
胸のあたりにぽっかり穴が開いたような
さみしい絵にみえませんか?

デブ猫おそるべし(笑)
davinci_monalisa002.jpg




そしてこちらも有名なダリの絵です。
荒涼とした 物悲しい、
不思議な風景ですね。
Dali-Persistence-of-Memory.jpg


しか~し!



この絵にも猫を添えるだけでアラ不思議。
つい笑ってしまうような
和みの風景に見えてきます。
Dali-The-Persistence-of-Memory-cat2.jpg


上の絵で地面に寝転んでいる猫と
おなじような恰好で寝ているうちのミニーさん。
IMG_0089_201406061327104b2.jpg

ぎすぎすした世の中と
いつも怒っている人に足りないのは
きっとカルシウムとデブ猫だと思う。
関連記事

Last Modified : -0001-11-30

こんにちは * by みかん
馴染みのある絵だけど 何処か高貴で気高い、
手の届かない絵も  猫が居るだけで
ぐんと身近な絵になりましたね♪
ミニーさんのお腹に手を出したい、もふもふ (^m^)

* by まりんママ
ほんと!!お猫様がいるだけで
絵の雰囲気がガラッと変わっちゃう

猫って計り知れない魅力を持ってますね

でもデブ猫だけ?

我が家の猫さんはみな小柄ですんなりしているから
絵にはならないかな~

どこかのお国にはデブ猫が足りないのかな・・・・

* by *Mαi*
すごい!
デブ猫存在感半端ないですね(♡ˊ艸ˋ)
どっちとも猫がいる方がすきかも( ´͈ ᗨ `͈ )
モナリザの方猫なしが物足りなく感じますね(笑)

* by  園主
おもしろい発見ですね。
かの有名なモナリザもデブ猫ちゃんに主役の座を
完全に奪われてますね。
神秘的なモナリザもデブ猫と一緒だと、ただの猫好きの
ねくらな女性に見えてしまいます。
デブ猫恐るべし!  園長さん凄い!

ミニーさん真っ白ですね。

* by りりぃべる
こんばんは~!
デブ猫…反則でしょう(笑)
特にダリの方、あんな無防備な姿はどんな気難し屋さんでも和ませちゃうでしょう!
デブ猫、恐るべし、ですね。
いいもの、見つけましたね~、園長さん。

* by うり
もう 違和感なさすぎる!
本当に最初っからそこにいたかのようだわ。
またこのデブ猫ちゃんが可愛いのよね。
園長さん 面白いもの紹介してくれてありがとう(*^。^*)

みかんさんにお返事♪ * by 園長
そうなんですよ~
絵の中にこの猫がいるだけで
高貴な名画が親しみやすい身近な絵に見えるんですよねぇ。

昔は手が届かなかった銀幕のスターが
今は会えるアイドルAKBになったみたいな感じ?

ミニーさんがひっくりかえっていると
私もつい触ってしまいます。
うちの いつでも触れるアイドルにゃんです(笑)

まりんママさんにお返事♪ * by 園長
そりゃもう 猫はどんなおニャンコさんでも
絵になりますとも~♪
スレンダーな猫は名画そのものよね!

でも 名画に入って笑いがとれるのは
たぶん この茶トラちゃんオンリーではないかと
思われます。
作者さんが実際に飼っている猫で
すごく表情が豊かでいろんな顔をするんだって(*^。^*)


今はあちこち 危ないお国ばかりね(T T)
少しは猫を見習ってゴロゴロしてたほうが
世界はよっぽど平和なのになぁ。

Maiさんにお返事♪ * by 園長
ねっ、一度猫アリを見ちゃうと
モナリザも物足りなく思えるでしょう?
ダビンチは初めから猫を描くべきだった!

でも そうしたら
みんな デブ猫を中心に見ちゃうから
モナリザ要らないってなっちゃうかも・・・

そうか!
ダビンチはそれで猫を描かなかったんだな(笑)
↑すごい結論。

園主さんにお返事♪ * by 園長
そうなんですよ、
あのモナリザから主役を奪う猫って
世界最強ですよね~

そして そうそう、
モナリザが猫好きにみえてくるんですよね!
不思議ですよねぇ、
モナリザは内気で友達いなくて
猫が友達みたいなストーリーまで
浮かんでしまいますもん、
名画が一気に
めちゃめちゃ身近(笑)

りりぃべるさんにお返事♪ * by 園長
このニャンコ、
反則ですよねぇ(^m^)
人間はたとえモナリザでも勝てない(笑)

ダリの あの枝に引っかかってる奴なんか
もう「やられた!」って感じですもんね~
あれ見たとき 噴きだしちゃいましたよ。

あ、りりぃべるさん、
今日 ミスドのクロワッサンドーナツ食べたよ♪
超美味しかったです(*^。^*)

うりさんにお返事♪ * by 園長
そうでしょ、そうでしょ~
もう猫付きのモナリザみたら
猫なしのオリジナルがニセモノにみえる(笑)

この猫は実際に
スヴェトラーナさんの飼い猫なんだって。
正確に言うと
亡くなったお母さんが残した猫で
落ち込んで鬱状態になっていた作家さんを
立ち直らせてくれたほど
エンターテイメントな猫さんなのだそうですよん。

* by petero k
園長さん こんにちは。

ありがとうございます!
思いっきり笑わせてもらいました~

そこに猫がいるだけで・・・
なんとほっこりすることか!

確かに園長さんの言われるとおり
ぎすぎすした世の中と
いつも怒っている人に足りないのは
きっとカルシウムとデブ猫 デス!

そのうち ちょっとミニーさん一泊二日で
来て貰えませんか?
なんてオーダーが来るかもですよ。

* by ごくしげ
こんばんは~~^^

楽しませていただきありがとう^^

カルシウムとデブ猫買って
帰りま~~~す^^


petero kさんにお返事♪ * by 園長
笑えますよね~、
この猫の表情がまた 本当に素敵なので
どうしてもみなさんに見ていただきたかったんです♪

悲しんでいる人、怒りが収まらない人も
思わずくすっと笑ってしまうような
可愛さだなって・・・
実際 このニャンコさんは
作者さんが鬱になっていたのを救ってくれたみたい。
人間にはできないお仕事を
ワンニャンは事もなくやってくれているのですね~


うちのミニーさんも
いいお仕事出来るかなっ♪




ごくしげさんにお返事♪ * by 園長
あはははっ(^▽^)
カルシウムとデブ猫、
常備薬にしてくださいね~♪

管理人のみ閲覧できます * by -

* by ごんば
何故、ダビンチは猫を描かなかったか…
かの園長氏が、その謎に迫る!

モナリザは、本当は猫を抱いていた!
しかし、モナリザの嫉妬に遭い、消されたデブ猫
見よ!モナリザの胸元だけ他の衣装の色より暗い!
… な~んて( ̄∇ ̄*)ゞ

あ~ ひたすら妄想してしまいました!(>▽<;;

スヴェトラーナって方のアートなんですね~
思わずクスっと和みます♪ もっと見たいかも!
人生、笑いは大事ですよね♪ 
スヴェトラーナさんのように
笑う事で病気が快方に向かったって聞きますもんね~

カルシウムはあるけど…
デブ猫いないから
とりあえず浪越徳治郎流で、わっはっはっは~(^◇^)

鍵コメさんにお返事♪ * by 園長
伝えますね、
ありがたいことだわ、
感謝!ですm(_ _)m

ごんばさんにお返事♪ * by 園長
おおっ♪
テレビのナレーションより
引き込まれる推理 ありがとうございますっ(^o^)/


人生、笑いは大事!
ほんと そうですよね~
特に箸が転がってもおかしい年齢を過ぎてしまうと
なかなか必要な分の笑いが摂取できないですから。
笑いはもうビタミンwwwとか名づけたいくらい
必須ですから(笑)

スヴェトラーナさんは
おかあさんを亡くしたことで気を病んでしまったけれど
そのおかあさんが残した猫が
病気を快方に向かわせてくれた、
きっとおかあさんが応援してくれたんでしょうね~
それしても この茶トラ君は
最適の名優でしたね(*^。^*)


浪越徳治郎って誰だっけ?と検索してみたら
あらあら懐かしい♪
この「指圧の心は母心・・・」って
もうスラッと出てくるほど聞いたフレーズでしたわぁ。

転載させていただきました * by 五S
素晴らしいパロディ作品ですね。

貴ブログへのリンクは転載先ブログに掲載しました。モナリザも転載させていただければ有りがたいと思います。

よろしくお願いします。

五Sさんにお返事♪ * by 園長
五Sさん、
コメントありがとうございます!

ほんとに素晴らしい作品ですよね~
どんな名画にもなじむ猫の威力(笑)

私も画像をお借りして記事に使わせてもらいましたが
クレームはありませんでしたので
大丈夫だと思いますよ、
どうぞモナリザもお持ちくださいませ♪

コメント






管理者にだけ表示を許可

こんにちは

馴染みのある絵だけど 何処か高貴で気高い、
手の届かない絵も  猫が居るだけで
ぐんと身近な絵になりましたね♪
ミニーさんのお腹に手を出したい、もふもふ (^m^)
2014-06-06-16:19 * みかん [ 編集 ]

ほんと!!お猫様がいるだけで
絵の雰囲気がガラッと変わっちゃう

猫って計り知れない魅力を持ってますね

でもデブ猫だけ?

我が家の猫さんはみな小柄ですんなりしているから
絵にはならないかな~

どこかのお国にはデブ猫が足りないのかな・・・・
2014-06-06-17:52 * まりんママ [ 編集 ]

すごい!
デブ猫存在感半端ないですね(♡ˊ艸ˋ)
どっちとも猫がいる方がすきかも( ´͈ ᗨ `͈ )
モナリザの方猫なしが物足りなく感じますね(笑)
2014-06-06-18:59 * *Mαi* [ 編集 ]

おもしろい発見ですね。
かの有名なモナリザもデブ猫ちゃんに主役の座を
完全に奪われてますね。
神秘的なモナリザもデブ猫と一緒だと、ただの猫好きの
ねくらな女性に見えてしまいます。
デブ猫恐るべし!  園長さん凄い!

ミニーさん真っ白ですね。
2014-06-06-22:32 *  園主 [ 編集 ]

こんばんは~!
デブ猫…反則でしょう(笑)
特にダリの方、あんな無防備な姿はどんな気難し屋さんでも和ませちゃうでしょう!
デブ猫、恐るべし、ですね。
いいもの、見つけましたね~、園長さん。
2014-06-07-00:28 * りりぃべる [ 編集 ]

もう 違和感なさすぎる!
本当に最初っからそこにいたかのようだわ。
またこのデブ猫ちゃんが可愛いのよね。
園長さん 面白いもの紹介してくれてありがとう(*^。^*)
2014-06-07-13:49 * うり [ 編集 ]

みかんさんにお返事♪

そうなんですよ~
絵の中にこの猫がいるだけで
高貴な名画が親しみやすい身近な絵に見えるんですよねぇ。

昔は手が届かなかった銀幕のスターが
今は会えるアイドルAKBになったみたいな感じ?

ミニーさんがひっくりかえっていると
私もつい触ってしまいます。
うちの いつでも触れるアイドルにゃんです(笑)
2014-06-07-16:43 * 園長 [ 編集 ]

まりんママさんにお返事♪

そりゃもう 猫はどんなおニャンコさんでも
絵になりますとも~♪
スレンダーな猫は名画そのものよね!

でも 名画に入って笑いがとれるのは
たぶん この茶トラちゃんオンリーではないかと
思われます。
作者さんが実際に飼っている猫で
すごく表情が豊かでいろんな顔をするんだって(*^。^*)


今はあちこち 危ないお国ばかりね(T T)
少しは猫を見習ってゴロゴロしてたほうが
世界はよっぽど平和なのになぁ。
2014-06-07-16:56 * 園長 [ 編集 ]

Maiさんにお返事♪

ねっ、一度猫アリを見ちゃうと
モナリザも物足りなく思えるでしょう?
ダビンチは初めから猫を描くべきだった!

でも そうしたら
みんな デブ猫を中心に見ちゃうから
モナリザ要らないってなっちゃうかも・・・

そうか!
ダビンチはそれで猫を描かなかったんだな(笑)
↑すごい結論。
2014-06-07-17:01 * 園長 [ 編集 ]

園主さんにお返事♪

そうなんですよ、
あのモナリザから主役を奪う猫って
世界最強ですよね~

そして そうそう、
モナリザが猫好きにみえてくるんですよね!
不思議ですよねぇ、
モナリザは内気で友達いなくて
猫が友達みたいなストーリーまで
浮かんでしまいますもん、
名画が一気に
めちゃめちゃ身近(笑)
2014-06-07-17:07 * 園長 [ 編集 ]

りりぃべるさんにお返事♪

このニャンコ、
反則ですよねぇ(^m^)
人間はたとえモナリザでも勝てない(笑)

ダリの あの枝に引っかかってる奴なんか
もう「やられた!」って感じですもんね~
あれ見たとき 噴きだしちゃいましたよ。

あ、りりぃべるさん、
今日 ミスドのクロワッサンドーナツ食べたよ♪
超美味しかったです(*^。^*)
2014-06-07-17:12 * 園長 [ 編集 ]

うりさんにお返事♪

そうでしょ、そうでしょ~
もう猫付きのモナリザみたら
猫なしのオリジナルがニセモノにみえる(笑)

この猫は実際に
スヴェトラーナさんの飼い猫なんだって。
正確に言うと
亡くなったお母さんが残した猫で
落ち込んで鬱状態になっていた作家さんを
立ち直らせてくれたほど
エンターテイメントな猫さんなのだそうですよん。
2014-06-07-17:18 * 園長 [ 編集 ]

園長さん こんにちは。

ありがとうございます!
思いっきり笑わせてもらいました~

そこに猫がいるだけで・・・
なんとほっこりすることか!

確かに園長さんの言われるとおり
ぎすぎすした世の中と
いつも怒っている人に足りないのは
きっとカルシウムとデブ猫 デス!

そのうち ちょっとミニーさん一泊二日で
来て貰えませんか?
なんてオーダーが来るかもですよ。
2014-06-07-17:42 * petero k [ 編集 ]

こんばんは~~^^

楽しませていただきありがとう^^

カルシウムとデブ猫買って
帰りま~~~す^^

2014-06-07-18:55 * ごくしげ [ 編集 ]

petero kさんにお返事♪

笑えますよね~、
この猫の表情がまた 本当に素敵なので
どうしてもみなさんに見ていただきたかったんです♪

悲しんでいる人、怒りが収まらない人も
思わずくすっと笑ってしまうような
可愛さだなって・・・
実際 このニャンコさんは
作者さんが鬱になっていたのを救ってくれたみたい。
人間にはできないお仕事を
ワンニャンは事もなくやってくれているのですね~


うちのミニーさんも
いいお仕事出来るかなっ♪



2014-06-08-16:57 * 園長 [ 編集 ]

ごくしげさんにお返事♪

あはははっ(^▽^)
カルシウムとデブ猫、
常備薬にしてくださいね~♪
2014-06-08-16:58 * 園長 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-06-08-17:07 * - [ 編集 ]

何故、ダビンチは猫を描かなかったか…
かの園長氏が、その謎に迫る!

モナリザは、本当は猫を抱いていた!
しかし、モナリザの嫉妬に遭い、消されたデブ猫
見よ!モナリザの胸元だけ他の衣装の色より暗い!
… な~んて( ̄∇ ̄*)ゞ

あ~ ひたすら妄想してしまいました!(>▽<;;

スヴェトラーナって方のアートなんですね~
思わずクスっと和みます♪ もっと見たいかも!
人生、笑いは大事ですよね♪ 
スヴェトラーナさんのように
笑う事で病気が快方に向かったって聞きますもんね~

カルシウムはあるけど…
デブ猫いないから
とりあえず浪越徳治郎流で、わっはっはっは~(^◇^)
2014-06-09-15:24 * ごんば [ 編集 ]

鍵コメさんにお返事♪

伝えますね、
ありがたいことだわ、
感謝!ですm(_ _)m
2014-06-09-17:02 * 園長 [ 編集 ]

ごんばさんにお返事♪

おおっ♪
テレビのナレーションより
引き込まれる推理 ありがとうございますっ(^o^)/


人生、笑いは大事!
ほんと そうですよね~
特に箸が転がってもおかしい年齢を過ぎてしまうと
なかなか必要な分の笑いが摂取できないですから。
笑いはもうビタミンwwwとか名づけたいくらい
必須ですから(笑)

スヴェトラーナさんは
おかあさんを亡くしたことで気を病んでしまったけれど
そのおかあさんが残した猫が
病気を快方に向かわせてくれた、
きっとおかあさんが応援してくれたんでしょうね~
それしても この茶トラ君は
最適の名優でしたね(*^。^*)


浪越徳治郎って誰だっけ?と検索してみたら
あらあら懐かしい♪
この「指圧の心は母心・・・」って
もうスラッと出てくるほど聞いたフレーズでしたわぁ。
2014-06-09-17:22 * 園長 [ 編集 ]

転載させていただきました

素晴らしいパロディ作品ですね。

貴ブログへのリンクは転載先ブログに掲載しました。モナリザも転載させていただければ有りがたいと思います。

よろしくお願いします。
2015-04-18-22:14 * 五S [ 編集 ]

五Sさんにお返事♪

五Sさん、
コメントありがとうございます!

ほんとに素晴らしい作品ですよね~
どんな名画にもなじむ猫の威力(笑)

私も画像をお借りして記事に使わせてもらいましたが
クレームはありませんでしたので
大丈夫だと思いますよ、
どうぞモナリザもお持ちくださいませ♪
2015-04-20-18:48 * 園長 [ 編集 ]