FC2ブログ

気楽に役立たZOO

山の暮らしと猫3匹 秩父の花や食の情報も♪

TOP >  岡山旅行 >  岡山旅行3日目(倉敷刀剣美術館)

岡山旅行3日目(倉敷刀剣美術館)

旅行に行ってからもう1か月以上経ってしまいましたが(汗)
岡山旅行の3日目
倉敷の刀剣美術館の写真が何枚かあるので
載せてみますね。
刀剣に関してはまったく知識がないので
説明はほとんど出来そうにないけど
よろしかったらお付き合いください (人´ω`*)
ゲーム刀剣乱舞の流行などで
最近訪れる人が増えてるスポットなんだって。

鷲羽ハイランドのある児島駅から
マリンライナーに乗って岡山に向かう途中の
茶屋町駅で降ります。
IMG_0456_2015121315003596a.jpg

駅からまっすぐ数分歩いたところにある
倉敷刀剣美術館、
なんと嬉しい入園料 無料!
それだけじゃなく2階の展示は
写真撮影を許可しているという心の広さ(T T)
IMG_0465_201512131501246f7.jpg

あまり広い建物ではありませんが
1階は古い時代の刀剣が展示され
2階には新しい時代のものが展示されています。
しかし新しくて江戸時代あたりまでなんだから
刀の命はとっても長いんですね。
いろんな出来事を見てきたんだろうなぁ。


2階への階段を上ると左側に超長い刀が。
熱田神宮に納められている「次郎太刀」という刀と
同じ作者の刀らしい。
IMG_0462_2015121315010614b.jpg

刃渡り167cmって私の身長より長いよ( ̄□ ̄;)
昔の人はこんなの振り回してたのか?!
と思って調べてみたら大太刀は馬に乗って使うことが
多かったみたいね。
IMG_0463_2015121315012120e.jpg
ついでに調べたところによると
うちのほうで有名な秩父氏の一族だった武将 畠山重忠は
「秩父がかう平」という182cmの大太刀で戦ったらしい。
ぎりぎり使えそうな大きさという167cmを悠に超えてる上に
身巾4寸(約12cm)ってすごい幅広。
日本刀っていうより
るろうに剣心の左之助が持ってた斬馬刀のイメージだな。

このかう平(高平)というのは古備前派の刀工だそうだから
ここ岡山あたりで作られた刀だったんだ。
斬新なアイデアと実戦で使えるものを作り上げる技術力、
それが平安時代なのだからびっくりだよねぇ。
備前のハイパー技術者集団!
完敗してないか、今の日本(笑)





右手には新撰組の隊長近藤勇をはじめ
土方歳三や斎藤一などが愛用していた刀と
同じ作者の刀が飾られています。
IMG_0464.jpg

ちなみに これは一番隊隊長 沖田総司。
IMG_0459.jpg
IMG_0460.jpg



そしてこれが正面の展示。
青江派の説明や
本多忠勝が愛用した蜻蛉切と同型の槍など
たぶん刀剣乱舞に関する刀類の展示だね。
IMG_0461_2015121315010424a.jpg


青江派と呼ばれるものかな?
IMG_0457_20151213150037d45.jpg

古青江と青江についての説明、
クリックすると大きくなるので興味のある方はどうぞ。
IMG_0458.jpg


もっと詳しければ
説明も解りやすくできるんですけど
刀についてはギブアップですわ(・ω・。)

でも
倉敷刀剣美術館は
刀について何も知らなくても
ゲームや小説で取り上げられているものから
興味を持てるように展示されているところに
たくさんの人に見てもらいたい、
そしてこれからも長く保存していかれるように
愛好家を増やしたいという思いが感じられる美術館でした。
私でも刀について調べてみたいなと思いましたもん。

岡山に行かれたらゼヒ足を運んでみてくださいね~




しばらくコメント欄は閉じておきます(*^。^*)ね。
関連記事

Last Modified : 2015-12-13